読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

リズムがみえる

リズムがみえる

リズムがみえる

作家
トヨミ・アイガス
ピーター・バラカン
ミシェル・ウッド
金原瑞人
出版社
サウザンブックス社
発売日
2018-10-01
ISBN
9784909125088
amazonで購入する

リズムがみえる / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

らぱん

ブラックミュージックをルーツから辿る絵本。 ここではそれがアフリカン・アメリカンの歴史と直結しており、政治や社会の状況とその時々に生まれた音楽を眺めることが出来る。大地の鼓動から労働歌を経てブルーズ、ジャズ、スウィング、ゴスペル、ファンク、ヒップホップ…。 それはそれで読み応えがあるが、絵にハマった。全体に不思議な遠近感で、頁によって技法が違うのだけど、浮き上がって見えたり、平面的だが二層三層の構造になっていたりする。矯めつ眇めつ、近づけたり離したり、行ったり来たり…彼女の絵が面白かった。かなり好き。↓

2020/09/05

マリリン

約500年にわたるアフリカ系アメリカ人の音楽の歴史の始まりは人々の鼓動と陸の鼓動から生まれた「リズム」。太鼓の音に身体を動かし...それは祈りや呪術であったのかもしれない。 奴隷のうた、ブルース、ラグタイム、ジャズ、ビパップ、リズム&ブルース、ソウル、ブラックロック、ファンク、ヒップホップ等が生まれた社会的背景は興味深い。リズムは日常生活で言葉にできない事の表現。時代の様を、リズムを独特な表現で伝える絵がとてもよい。絵からもリズムがみえる。特に「女性ジャズシンガーを讃えて」でエラが唄う姿の絵が印象深い。

2021/06/28

けんとまん1007

まさに、リズムが見えてくる絵本。絵が独特のタッチでもあり、文章もコンパクトで歯切れが良い。もし、ここで取り上げられているブラック系ミュージックがなかったら、今の音楽の多様性が小さかっただろう。

2020/09/02

Odd-i

十数年振りにピーター バラカンさんの「ウィークエンドサンシャイン」を拝聴するようになったところ、読友さんによるレビューで知りました。私のように何の体系的知識も持たずに直感だけで手当たり次第に音楽を聴いてきた者にとっては、非常に有難い絵本でした。 楽曲制作でよく耳にする詩先・曲先という言葉。この作品の場合は絵先とでもいったところでしょうか。書籍やインタヴュー、様々な音楽を聴き、その時代時代を想像したという力強くも猥雑な絵からインスピレイションを受け、この律動的な詩は生まれました。 さぁ、何から聴こうかな……

2020/09/27

kawa

アフリカ系アメリカ人の500年の音楽の歴史をたどる素敵な絵本。彼方から太鼓のリズムが聞こえてきそうだ。これに合わせての音楽集が出れば良いなぁ。

2019/01/21

感想・レビューをもっと見る