読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ビア・マーグス ビールに魅せられた修道士

ビア・マーグス ビールに魅せられた修道士

ビア・マーグス ビールに魅せられた修道士

作家
ギュンター・テメス
森本智子
遠山 明子
出版社
サウザンブックス社
発売日
2021-07-21
ISBN
9784909125286
amazonで購入する Kindle版を購入する

ビア・マーグス ビールに魅せられた修道士 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

タカラ~ム

モルト工場の部屋から見つかった古い手記。そこにはビール醸造に魅せられたニクラス・ハーンフルトの数奇な人生とビール醸造の記録が残されていた。熟練のビール醸造家であり、研究熱心なビールマイスターでもある著者の作家デビュー作品。「ビア・マーグス(ビールの魔術師)」と呼ばれた男が、いかにしてビール醸造の技法を極めたのか。その物語は小説としての面白さもさることながら、ビール醸造の歴史や技術を知るための一冊としても読むことができる。ビール好きにもビールを飲まない人にもオススメしたい作品。

2021/06/21

たーぼ

中世ドイツでのビールは、各家庭で独自のレシピで作るもの、また修道院では醸造係が皆の喉を潤すために工夫を凝らして作るものだった。ビール作りに魅せられたニクラスは、熱心に研鑽をつんで美味しいビールを安定して提供する仕組みを作り富を得るが、反面敵を作ってしまう…ビールとドイツの歴史が楽しめる本。クラウドファンディングの返礼品でした(^^)

2021/10/09

ヒラタ

面白かった。ビールに魅せられた修道士ですって、ヨーロッパ・中世・修道院そしてドイツにビールのお話ときては発売されるのを楽しみに予約して読みました。 読み始め、ほー、そうなるのか…が、途中では、なんとかならないの理不尽だと思う位引き込まれました。 中世への旅にでたような気持ち、お薦めです。

2021/08/22

感想・レビューをもっと見る