読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ザ・マンガホニャララ 21世紀の漫画論

ザ・マンガホニャララ 21世紀の漫画論

ザ・マンガホニャララ 21世紀の漫画論

作家
ブルボン小林
出版社
クラーケン
発売日
2018-11-07
ISBN
9784909313041
amazonで購入する

ザ・マンガホニャララ 21世紀の漫画論 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

さすらいのアリクイ

ブルボン小林さんが週刊文春に連載しているマンガ評論の三冊目。この本は色々なマンガの中に含まれている普通の人が見えていない、意識していない部分にブルボンさんが相当こだわったり論じている感じがします。その注目点が理解できるときもあれば?マークがつくときもありますか。紹介しているマンガはコロコロコミック、ちゃおからコミックビームやアックスまで幅広い。他の人のマンガ評論でコロコロコミックやちゃおのマンガを語っている人ってなかなかいませんよ。幅広さ、こだわり、ブルボンさんの視点が面白いマンガ評論の本。

2018/11/11

おゆみ

ブルボンさんのTwitterフォローしているので、発売に気づけてよかった!前作二つとも持っていて、もっと読みたいなあと思っていたので、厚みにビックリ。読んでみたいと思うマンガがまた何冊か出来た。そして私も、麻雀できる?と聞かれて「ドンジャラならできる」と言っちゃう女でした!反省反省。久世番子さんのマンガが載ってるの、嬉しかったなあ。ブルボンさんが子供が生まれてからやたらと「なんでこんなにかわいいのかよ」を多用するのが好き。私もよく使って娘に「ほんとにそんな歌あんの?」と訝しがられてます。

2018/11/09

カジノ王

週刊文春隔週連載の5年分をまとめた単行本。マンガ評は新刊中心で、内容の紹介から入るのが通常。とはいえ、ブルボン小林の場合は、身辺エッセイのようにはじまり、「そういえば最近このマンガ読んでて」とマンガの話になっていく。エッセイ集として面白く、時折気になったマンガがあれば買うといいと思います。衿沢世衣子は私も好きなので絶賛されていて素晴らしいし、「メタモルフォーゼの縁側」を18年5月に紹介しているところはさすがです。単行本出が11月に出て、18年いっぱいで連載終了は寂しすぎる終わり方だし、もったいない!

2019/01/22

野田有

まだまだ連載は続く(多分)

2018/11/20

感想・レビューをもっと見る