読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

胎児のはなし

胎児のはなし

胎児のはなし

作家
最相葉月
増﨑英明
出版社
ミシマ社
発売日
2019-01-29
ISBN
9784909394170
amazonで購入する

「胎児のはなし」のおすすめレビュー

胎児のふしぎを解き明かす“楽しくて、役にたたない本”!

『胎児のはなし』(最相葉月、増﨑英明/ミシマ社)

 楽しくて、役にたたない本。『胎児のはなし』(最相葉月、増﨑英明/ミシマ社)の著者2人は、自身で本書のキャッチコピーをそのように表現する。

 本書は産婦人科歴40年以上の増﨑英明氏と、科学系のトピックを得意とするノンフィクション作家の最相葉月氏の対談形式だ。「赤ちゃんが早朝や夜中に生まれやすいというのは本当か?」というような一般人目線の素朴な疑問も織り交ぜながら最相氏が質問を投げかけ、増﨑氏が産婦人科医として、父として、男性としてそれに答えていくというキャッチボールが愉快に展開されていく。

 本書で繰り返し驚きとともに語られている事実を一つ紹介しよう。これは、父親・男性にとって朗報だ。(以下の引用は、増﨑氏が性教育の現場で、生徒に話している最中に得た気づきを語っているという文脈である)

そういえば、胎児のDNAって半分は父親由来だよなって。父親って母親の妊娠中は外にいてなんにも関係ないって思ってたけど、考えてみると、胎児を介して母親にいってるやん、父親のDNAが。えー、って!

 胎児のDNAには父親と母親…

2019/2/26

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

胎児のはなし / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ニャーテン

未知なるもの、胎児。その神秘な存在にスポットを当てた興味深い内容。著者と産科医の先生との対話形式なので、理系に疎い自分でも読みやすかった。息子がお腹にいた時はこんな状態だったのかと驚くことばかり。胎児を介して父親のDNAが母親に移動するとか、祖先からこの先もずっと死なない細胞が受け継がれているとか、「へぇ~」と妊娠出産の奥深さに自然と低頭するような神妙な気持ちになる。心に残る「妊娠は楽しまなくてはいけません」「親と子も一期一会」の先生の言葉。もう戻らない妊娠から出産の時間が、ひとしきり愛おしく思えた。

2019/03/11

mawaji

三木成夫「胎児の世界」から30年、その後の超音波の進歩に伴い判明してきた胎児のことを面白く語る増﨑先生にはははと笑いつつ鋭く切り込む最相さんの対談は中絶や生殖補助医療、今まさに議論中のNIPTの影の部分まで幅広く網羅されていて、とてもわかりやすくもためになる内容でした。妊娠や出産に臨む考え方も時代とともに多様化していく中で老若男女問わず多くの人に読んでもらいたいと思いました。増﨑先生は妊婦さんの超音波検査を10時間観察し続けたとのことですが、私は排卵の様子を三日三晩観察し続けたお医者さんを知っています…。

2019/03/04

shikashika555

最相葉月氏と長崎大学産婦人科医 増崎英明氏の対談形式で、胎児の生態や周産期医療について書かれている。 宗教上の理由による輸血拒否への見解、胎盤の話、出生前診断の話、母体はなぜ胎児を拒否しないかの謎、長崎でATLの母子感染を激減させた苦労話、胞状奇胎は不活化卵子の中に精子だけが発育したものであること 逆に皮様嚢腫はX染色体が二倍体化したもの であるとの話が印象に残った。 結構な情報量の割に軽く読めて面白い! 寄藤文平さんの表紙イラストもいい(^-^)

2019/03/03

K1

人はそれぞれ違うところがある。そういうことを受け入れられない社会になったらおしまいですよねー胎児に関する最新の情報も含めて、人はどこから来て、どこへ向かうのかが対話形式で綴られています。まだまだわからないことはいっぱいありますが、命ってすごいんだって思えます。

2019/03/09

hiun

あまり考えたことなかった、胎児のこと。生まれる前のこと、記憶ない。でも、とても大切な時期なんだと思う。認知科学や心理学の対象になりにくく、まだまだベールに包まれている。このままで、神秘的であつてほしい気持ちあるけど、解明されてほしい気持ちも少しある。まさに、どこから来て、どこに行くのか。

2019/02/02

感想・レビューをもっと見る