読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

坊さん、ぼーっとする。 娘たち・仏典・先人と対話したり、しなかったり

坊さん、ぼーっとする。 娘たち・仏典・先人と対話したり、しなかったり

坊さん、ぼーっとする。 娘たち・仏典・先人と対話したり、しなかったり

作家
白川密成
出版社
ミシマ社
発売日
2020-02-20
ISBN
9784909394330
amazonで購入する

坊さん、ぼーっとする。 娘たち・仏典・先人と対話したり、しなかったり / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

けんとまん1007

ボーっとする時間は、とても良いと思う。そんな時間を持てないことが多いよなあ~。気づいたらボーっとではなくて・・だろう。ボーっとするのは、時間を置く、距離を置く、目線を変えることかな。

2021/09/27

assam2005

仏教の教えについてよりも、作者の娘さんの達観した考えや、作者が自分の娘に対してどのような考えを持って接しているかに惹かれました。「人生とは何?」と問う父に「人生とは思い」と答える小2の娘さん。人の死に接する機会が多いから達観するのだろうか。また、年とともに「自説をくつがえされないように準備する」人の多いことか。「自説をくつがえされる準備をする」人の姿は見ていて清々しい。他人の意見を取り込んで、自説の不備を正し、改良していく。素直に謝り、素直に学ぶ。そういえば吉村府知事がそんな感じだったかな。

2020/06/02

青木 蓮友

わたしも同じく真言宗で授戒していますので、僭越ながらとてつもなく密成さんと同じ気持ちです。密教の身震いするほどの格好良さ、なんかデッカイ背中と眼差し温もり。ホントもっとみんな知るといいのに、そうですね、お坊さんならばよっぽども伝えたいですよね。わたしも師匠に自分なりに伝えろよと言われています。理趣経の百字偈がどんなに凄いのか。何度も何度も教わっていますが、頭ではわかったつもりでも、今のところまだまだまだ。面白く刺激的な勉強は続きます。密成さん、ツイッターもフォローしていますよ。とってもよき読書時間でした。

2020/06/25

ぽけっとももんが

弘法大師のお言葉「起きるを生と名づけ、帰るを死と称する」。それにミッセイさんは「見たこともない道を通って帰る」と言葉を足す。わたしたちは今、見たこともない道を通っているのだ。人生を道に例えるのはありがちだけれども、なるほど帰り道とはいえ見たこともない道、見たこともない景色。ゆっくりよく見て行こう。もう一度この道を引き返すことはないのだから。

2020/06/12

peace land

違う道を帰っている、というのと、自分が死んだ後の世界のイメージが同じだったので、心が静まりました。仏教の話は難しかったです。昨年高野山に行き、お坊さんにたくさん会ったことを思い出しました。

2020/07/17

感想・レビューをもっと見る