読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

レコードは死なず (ele-king books)

レコードは死なず (ele-king books)

レコードは死なず (ele-king books)

作家
エリック スピッツネイゲル
浅倉卓弥
出版社
Pヴァイン
発売日
2021-01-29
ISBN
9784909483843
amazonで購入する

レコードは死なず (ele-king books) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

arnie ozawa

オレ自身と同世代のライターが今までに手放したレコードを探す「冒険」に出る話。凄いのが手放した正にそのレコード(自分が所有していたそのもの)を求めるところ。この気持ちはよく判る。本当に欲しいのは音楽じゃなくてそこに刻まれた傷や落書きやなんかも含めた全てだから。「訪れる者すら最早ほとんどないようなレコード店の棚でほこりをかぶっていく四十五回転のアナログ盤よりも、FLACファイルの方が明らかに優れているのだと、無条件で見做してしまうようなものなのだ。愚者の思考だ。」この一節にこの本の全てがある。最高。

2021/06/12

justdon'taskmewhatitwas

語り手の行為は、所謂「大人になれないガキ」の無益で後ろ向きで、家族持ちとは思えない程無責任で、この無意味の先に待ち構えてるのは"死"しかないのにその事を自覚して彷徨ってるようだし、周りに救われてる事に甘えてるようで、無限ループに自ら陥ってるようにも見えて、共感出来るかと問われればちょっと考えてから否定すると思う。ただ、作中の曲ネタは大体判ったし、ギターを弾く訳でもなくカラオケで歌いまくる訳でもないのに、"音楽"が無いと生きていけない人生ってのは実によく判る。

2021/04/03

ishida

レコード好きおじさんのロマンと青春、そしてその終わり。

2021/06/18

感想・レビューをもっと見る