読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ああ、犬よ! 作家と犬をめぐる28話

ああ、犬よ!  作家と犬をめぐる28話

ああ、犬よ! 作家と犬をめぐる28話

作家
本上まなみ
アーサー・ビナード
星野智幸
よしもとばなな
島田雅彦
池田晶子
原田宗典
松浦寿輝
山本容子
道浦母都子
北方謙三
宮本輝
村田喜代子
藤原新也
畑正憲
藤子不二雄A
筒井康隆
江藤淳
谷川俊太郎
多田智満子
向田邦子
小川国夫
吉村昭
中野孝次
丸谷才一
水上瀧太郎
北原白秋
出版社
キノブックス
発売日
2018-06-29
ISBN
9784909689030
amazonで購入する

「ああ、犬よ! 作家と犬をめぐる28話」のおすすめレビュー

そこに居るだけで愛おしい。犬ってたまらん…。珠玉の「犬」エッセイ

『ああ、犬よ! 作家と犬をめぐる28話』(キノブックス編集部:編/キノブックス)

「犬」との忘れがたき思い出を、28人の作家が綴った1冊、『ああ、犬よ! 作家と犬をめぐる28話』(キノブックス編集部:編/キノブックス)。作家それぞれの「犬」の話は、どれも可愛くておもしろくて、そして切ない。

 古くから人間の生活に役立ち、今では家族の一員として愛される犬。池田晶子氏は、「こんなに愛おしい生き物がこの地球上に存在するものでしょうか」と書き、たまらない愛おしさの理由を、言葉を話さないことと、先に逝くとわかっている命の短さを挙げる。

 江藤淳氏は「犬は人の心を慰める理想的な存在だ」とし、その理由を「血がつながらず親子同然になれて人間の気持ちがわかりながら、犬は絶対的に人間ではない」と書く。

 宮本輝氏も、ハードボイルドの北方謙三氏も、犬に話しかけるときは素の自分で無防備である。犬は人の心を開放させてくれる。愛犬を前にすると、他人には見せられないほど顔の筋肉がゆるみ、声のトーンも上がるのは、愛犬あるあるだろう。返事はくれないけれど、そのまなざしと体温だけで人…

2018/9/3

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

ああ、犬よ! 作家と犬をめぐる28話 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ポチ

昔は放し飼いにしていたりと、時代によってワンコとの係わり方が変わって来ているのですね。そして、やっぱり皆んなワンコが好きなんですね。

2018/12/07

cryptoryou

作家や著名人達が語る、愛おしい「犬」たち、それぞれが「犬」に対する想いが愛情たっぷりに語られてます。私も、子供の頃に迷子で家に迷い込んできて、そのまま飼い始めた「ハナちゃん」や、近所の祖母の家で飼われてた「リリーちゃん」、そして現在の家族「ソックスくん」と、「犬」と共に生きましたし、犬達が大好きです。戌年最後に読むのにピッタリの作品、これで今年の読書も最後、皆様来年も宜しくお願いします、良いお年をお迎えください。

2018/12/31

ぽろん

著名人の方による犬を巡るエッセイ。藤子不二雄A氏は何と漫画でした。色々な接し方があるのだな。だけど、みんな自分家の犬が一番。もちろん私も我が家の四つ足の息子君が一番可愛い!そして、私の愛情は彼にも通じていると思っています。笑

2018/08/02

本埜しをり

久し振りに丸谷さんのエッセイ読んだ。愛犬を悼んだ「春昼やどこにかくれし座敷犬」思い出して涙腺が緩む。星野智幸さんの、子どもの頃は犬が苦手だったという話も面白かった。顔を見れば吠え掛かって来たという犬は“山蛭に頭と手脚が生えたような姿”だったとか…。好きになるか嫌いになるか、どんな出逢い方をするかというのが大きいよねぇ。

2018/08/25

さく

犬大好き、と大の大人が、著名な作家たちが言いまくる本。人には見せられないデレ顔が目に浮かぶ。帯にもなっている池田晶子さんの“「犬の力」を知っていますか?”に深く共感した。私も犬の力に惹きつけられている。賢かった雑種の一代目、繊細さと活発さを併せ持った二代目スプリンガー、そして今一緒に暮らしているのはTHE姫な三代目キャバリア。この本と同じように悲喜こもごもエピソードがたくさんある。書けないので、読書で楽しませてもらった。

2018/11/17

感想・レビューをもっと見る