読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

吾輩は童貞(まだ)である- 童貞について作家の語ること-のおすすめレビュー

あの巨匠もこんなに思い悩んでいた…! 作家たちが描いてきた「童貞」

あの巨匠もこんなに思い悩んでいた…! 作家たちが描いてきた「童貞」

『吾輩は童貞(まだ)である―童貞について作家の語ること』(キノブックス) どうてい【童貞】 経験していると主張する時期。(筒井康隆「現代語裏辞典」より)  男性にとって「童貞」とは非常に大きなテーマである。近年ではメジャーなドラマや漫画などでも気軽に童貞が取り上げられるようになった。しかし、やはり童貞の真髄は男性にしか分からないのではないかと思う。  童貞とは、暗く、重い歴史である。そして「経験をしたから消える」ような代物でもない。人に…

もっと見る