読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ショートショートクリニック(キノブックス文庫)

ショートショートクリニック(キノブックス文庫)

ショートショートクリニック(キノブックス文庫)

作家
田丸雅智
出版社
キノブックス
発売日
2018-12-09
ISBN
9784909689221
amazonで購入する

ショートショートクリニック(キノブックス文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

mr.lupin

田丸雅智さん初読み。奇妙な病院に不思議な医者、不可解な薬、変わった病名などの18話からなる「医」がテーマになったショートショート集。面白かった作品もあるし、まあそれなりにと思う作品もあったりで、久し振りにショートショートを楽しむ事ができた。 「骨を休める」は一番秀逸だったかな。 ☆☆☆★★

2020/10/14

ちゃも@読書再開

良き。『雪を引く』『瞳の花火』『身体の変化』が特に好き。でも全部良い。ありそうで、でもやっぱりない、そんな不思議な雰囲気とお話が詰まった一冊。巻末にある対談も読んでいて楽しい。ちょこちょこほん怖風のはなしがあったりえっつまりホラーなの?みたいな話もあってバラエティに富んでいる。

2019/02/12

荒川叶

面白かった。現実にないようなことだけど、非現実でもないような。さしぶりに笑った小説

2019/01/30

ひょろ

ありそうでなさそうでが田丸氏のショートショートのいいところ。切なかったりほっこりしたり色々楽しめるのもショートショートならでは。瞑想整理術は片付けられない人はみんなほしいんじゃないかな。

2019/04/23

そら

医にまつわるショートショート。 お気に入りのお話は、「コスメドリンク」「瞳の花火」「妄想竹」「身体の変化」です。こんなことが実際にあればな…と思うばかり。最後の対談でもあったように、記憶にまつわるお話が多かったように思います。 今は簡単にスマホで思い出など写真に収めることができますが、心の中に収めている人は減ってきているのかな。花火大会のときスマホ越しに花火を見ている自分には引いたなあ。

2020/06/23

感想・レビューをもっと見る