読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

その正体は何だ!? じわじわ気になる(ほぼ)100字の小説

その正体は何だ!? じわじわ気になる(ほぼ)100字の小説

その正体は何だ!? じわじわ気になる(ほぼ)100字の小説

作家
北野勇作
出版社
キノブックス
発売日
2018-12-20
ISBN
9784909689238
amazonで購入する

その正体は何だ!? じわじわ気になる(ほぼ)100字の小説 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

kanata

「地底怪人の正体」「運動会の大玉が戻らない」「物干しで洗濯バサミに襲われる」「知性を持った大量の餅たち」「マンホールマン」「捨てたはずのソファ」など130篇の100文字小説集。北野氏はTwitterにほぼルーティンワークであげているとか。既に1400作を超えているとは驚き。時々続きっぽいものもある。シンプルな挿し絵が、想像する一助になっている。

2019/02/03

七月せら

ほぼ100字で説明される130匹の生き物達について。発送の転換が面白いものもあれば、想像の難しさが面白いものもあって、不思議な感覚になりました。93番はうちにもいるような気がする。

2019/02/02

みんち

「ひとり北野勇作祭り」も、ひとまずこれで一段落。トリを飾るのは発売されたばかりの最新刊。というワケで『その正体はなんだ!? じわじわ気になる(ほぼ)100字の小説』を読了。これも前回読んだ『その先には~』と同じく氏がツイッター上で不定期に投稿していた「1度に書き込める文字枠内で成立する一つの短篇」を、ピックアップして一冊に纏めたもので、今回も厳選された130篇の物語が綴られている。

2019/01/12

ひなた

第2弾。よく分からない生物がたくさん出てきます。これらの生き物が普通にいる世界では、人間は生き延びることができないと思うと思うとゾッとする。

2019/03/02

相馬

「じわ100」第2弾。9の水筒の話が一番気に入ったが、こういう何とも言えない後味の作品が、前作より減ってる気はするが、相変わらず面白い。「その先に何が!?じわじわ気になる」という題名が内容を表している。ホントじわじわ気になる。

2019/02/19

感想・レビューをもっと見る