読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

私たちは塩を減らそう (キノブックス文庫)

私たちは塩を減らそう (キノブックス文庫)

私たちは塩を減らそう (キノブックス文庫)

作家
前田司郎
出版社
キノブックス
発売日
2019-02-09
ISBN
9784909689283
amazonで購入する Kindle版を購入する

私たちは塩を減らそう (キノブックス文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

かば

短中編集。会話文がうまい。「悪い双子」文章に引き込まれる。官能の極地。「エベレストの方」エベレストまで行っておいて旅への意識が低いのが面白い。

2019/03/02

kei@名古屋

初読みの作家さん。テンポと言うのか?波と言うのか?乗れないままに読了。恋愛物でもなく、ミステリーでもなく、難しい。それぞれは面白いが一冊にすると行方不明な気がする。個人的には、表題作品が嫌いではない。だが、このカップルがずっと永遠一冊だと少し胃もたれしたかもしれないなぁ。

2019/03/25

ぶうたん

文芸誌に掲載された作品を中心とした作品集。なかなかに読むのが厳しい短編集だった。巻末のエベレト行エッセイは面白かったのだが、小説は正直言ってかなり読むのがしんどい。演劇の人であることが関係しているように思うのだが、うまく説明はできない。いずれにしても通例的なプロットで組み立てられる作品とは異なっているのだ。特に一番長い「悪い双子」は苦痛だったなあ。一方で好む読者がいることも想像できるので、なおさら楽しむことが出来ない自分が残念だった。

2019/02/23

さり

ジャケ買い。日常のテンションで描かれる非日常なお話たち。ファナモは世にも奇妙な物語で観たけど、中々衝撃だった。会話で紡ぎ出される言葉も独特で、はまる人ははまるだろうなといった印象。面白かったけど理解はできなかった。

2019/05/26

arbitrary

半分くらい噛み合っていないのに何故だか続く男女の会話が新感覚。塩を減らすか、お米を白いキャンパスに見立てられるか、裸なら靴下は脱いだほうが自然かなど延々続けばいいと思うほどでした。『世にも奇妙』にあった「次世代排泄物」のキレの良さにも唸りますが、個人的には「嫌な話」。惹き付けられない題ですが文章の質感と構成が見事に一体となっていて痺れた。ただ実験的趣向といえるのかクセがあり、「部屋の中で」にあれっと地盤がぐらついて、地盤など要らぬを貫いた「悪い双子」は正直読み辛かった。そんなばらつきも新鮮な感覚でした。

2019/05/27

感想・レビューをもっと見る