読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

密原トリカと七億の小人とチョコミント

密原トリカと七億の小人とチョコミント

密原トリカと七億の小人とチョコミント

作家
太田忠司
出版社
キノブックス
発売日
2019-03-03
ISBN
9784909689313
amazonで購入する Kindle版を購入する

密原トリカと七億の小人とチョコミント / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

あも

笑ウせぇるすまん、というよりはアウターゾーンのミザリィか。密原トリカはどこにでもいる。小柄な体にサイズの合わない眼鏡をかけて。卑しい男達の前に、純真無垢な子供達の前に。彼女は現れる。そして時に罪への妥当な罰を、時に不条理な悪意を与える。読み手もまた登場人物達と同じく、次々と表情を変える彼女に翻弄され右に左に揺さぶられ、更には表裏さえ逆にされてしまう。現実味のある話から、SFやファンタジーまで、密やかに語られる物語達に読書の原点の愉しさを覚える事間違いなしのSS集。読めばあなたもトリコになること間違いなし?

2019/05/18

優希

日常のような、それでいながら別世界のような不思議な雰囲気がありました。密室トリカと関わる人々。正体不明なトリカが脅し、惑わし、だからこそ何かが起こる。日常の狭間だからこそ語られる物語でしょう。

2019/03/18

ami*15

謎めいた密原トリカという女性と彼女と何らかの形で出会い惑わされていく人々の物語。奇妙で現実離れした内容が多かったが、単に奇妙といってもホラー的な話やファンタジー的な話など「奇妙」でも様々なバリエーションの物語が見られたところが好印象でした。お気に入りさんのレビューを通じて知った1冊なので、このサイトがきっかけでまた新たな好きな物語に出会えて嬉しかったです。個人的には「あの角を曲がれば」のノスタルジックな不気味さが凄く好きでした。またいろいろな姿の密原トリカに出会ってみたいものです。

2019/06/09

Zann

★★★★☆読友さんお二人の『アウターゾーンのミザリィ』という例えとキャッチーな『さてさて、あなたはどのトリカがお好みかしら。』とのレビューに誘われて読了。世にキミョっぽいショートショートが18話、掴み所が全くない18人のトリカさん。星新一にちょっぴりラノベを足した感じで、短さと読みやすさと面白さであっという間に読了。甲乙つけがたい作品集だったが、敢てつけるなら『虎を飼う』かな。あんなふうになれるなら、頑張って子虎飼うよ。可愛いしね。(95)

2019/06/27

リッツ

想像してたよりも掴み所のない密原トリカに翻弄される男たち編、子供たち編、女たち編からなる短編集。優しいのか残酷なのか、その少女と見紛う容姿に潜んだ怜悧さ。あっと言う間に読み終わり、なかなかに楽しめました。タイトルにもあるチョコミント、時々肩身狭い思いをする私も愛好家。でも最近は市民権得てきたと思ってたんだけどな。でもコンビニにオーッ!と現れてアレッ?と棚からなくなりそのまんまってのは超人気があるのか少数派なのか?とは常々思ってましたが……。物語はどんどん大きくなり💧💧💧でも消えては困るので頑張って!

2019/06/19

感想・レビューをもっと見る