読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

アネモネの姉妹 リコリスの兄弟

アネモネの姉妹 リコリスの兄弟

アネモネの姉妹 リコリスの兄弟

作家
古内一絵
出版社
キノブックス
発売日
2019-08-21
ISBN
9784909689504
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

"「マカン・マラン シリーズ」がヒット中の作家による待望の新作!



webマガジン「キノノキ」大人気連載を書籍化!



兄弟姉妹……最も近くにいて、最も謎の関係。

書店員から圧倒的支持を受ける作家による、人間の内面を描き切った連作短編集。

「アネモネの姉妹 リコリスの兄弟」のおすすめレビュー

身に覚えのある毒が、仄暗い感情を刺激する――兄弟姉妹の嫉妬にまみれた複雑な関係を描き出す連作短編集

『アネモネの姉妹 リコリスの兄弟』(古内一絵/キノブックス)

「兄弟姉妹に一度でも仄暗い感情を抱いたことのあるあなたへ」

 これは『アネモネの姉妹 リコリスの兄弟』(古内一絵/キノブックス)のキャッチコピーだ。この言葉にギクッとする、兄弟姉妹のいる人は多いのではないだろうか。妹がふたりいる筆者も、そのうちのひとりだ。

 本書は花言葉をからめつつ、兄弟姉妹という複雑な関係性を生々しく描いた連作短編集。訪れる人の心と体を癒す夜カフェが舞台の「マカン・マラン」シリーズが人気の著者、古内一絵氏の新刊である。

 生まれてから死ぬまで変わることのない兄弟姉妹という関係。そのあいだには、キレイなものばかりではないさまざまな感情が渦巻いている。本書に登場する主人公たちは、こちらがハッとするくらい分かりやすく、兄弟姉妹を嫌ったり、妬んだり、憎んでいる。

 ドロドロとした人間模様がおもしろい物語は山ほどあるが、大抵はトラブルを片付け、相手と決別すればグッドエンドだ。しかし兄弟姉妹となると、そうはいかない。

 本作でも優秀な姉をもつ妹が「これが赤の他人ならあきらめもつくのに」と…

2019/10/12

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

アネモネの姉妹 リコリスの兄弟 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ナイスネイチャ

図書館本。兄弟や姉妹の軋轢をドロドロした感じで綴った短編集。マカンマランシリーズみたいに爽やか系と思ってたら、真逆だったんでびっくり。花占いで人格や心の奥底を表現するなど切り口がちょっと違うところも。

2019/10/21

ままこ

花言葉で告げられた「自分にとって一番必要な言葉」とは…。兄弟姉妹に抱く鬱屈した感情がドロドロ渦巻く6編の短編集。親が子にもたらす影響は大きく複雑。不穏なまま終わるものからや光が射すものまでラストも様々。自分の名前を花言葉診断したらどんな言葉が出てくるのかな?気になる。

2019/10/03

のぶ

花言葉をモチーフにして、兄弟姉妹のドラマを絡ませた短編集なのだが、自分は花言葉に興味がなく、そこの部分を深く読んでいないので、作者の意図から外れた感想になるかもしれないが、どの作品にも兄弟姉妹の関係が描かれている。環境や状況は様々。しかし全体を通して感じたのは、これらの関係は糸が絡み合ったように難しいものばかりだ。血縁関係にあるので頼りになる部分も多いはずだが、本作に描かれているものはややこしい。文章は古内さんらしさがよく出ていたが、登場する花は奇麗さよりも、毒が込められているように感じた。

2019/09/15

うどん

面白かったー!!古内さん大好きです!最後の話、面接の場面スカッとしました🙌

2019/10/06

ゆみねこ

花言葉をモチーフに兄弟・姉妹を描いた6つの物語。私自身が姉の立場なので長女の気持ちはどことなく理解は出来る気が…。重苦しい物語が大半でしたが、最終話が前向きな終わり方で読み心地は良かったです。

2019/09/25

感想・レビューをもっと見る