読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

菊地成孔の映画関税撤廃

菊地成孔の映画関税撤廃

菊地成孔の映画関税撤廃

作家
菊地成孔
blueprint
出版社
blueprint
発売日
2020-02-05
ISBN
9784909852069
amazonで購入する

菊地成孔の映画関税撤廃 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

garth

仕事として書いているせいか、ジャーナリスティックな視点で見ているので普通に読める。なんか野蛮さをなくしてしまったなあ…と少しがっかり。

2020/06/08

ますりん

「ユングのサウンドトラック」「菊地成孔の欧米休憩タイム」に続く第三弾。1作目のディープぶりにおなかいっぱいになっちゃって、2作目スルーしてたので買うつもりは全くなかったんだけど、ここ気になって観てきた映画とかなりカブっているので、つい買ってしまう。 話の中心が劇伴中心ではあるので、当然記憶をどう探しても思い出せず、もう一度観るしか追いかける方法がない。。。菊地さんの本を読むと、自分の映画の見方が視覚偏重型で、聴覚を使っていないことをつくづく思い知らされる。言い回しは相変わらずの菊地節炸裂。

2020/02/23

Muromi

1度でいいから、彼の脳内に蓄積された膨大なデータベースをもとに映画鑑賞をしてみたい。

2020/06/18

selva_

これを読んで観た「フロリダ・プロジェクト」がとても良かった。それにしても菊地さんはいつまでもかっこいい。というか年を取れば取るほどますますかっこよくなってくる。

2020/03/14

tiger y

割とネットで無料で読めちゃう記事がほとんどで、ファンとしては消化不良感。アベンジャーズの批評が面白かった。

感想・レビューをもっと見る