読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

3年の星占い 水瓶座 2021-2023

3年の星占い 水瓶座 2021-2023

3年の星占い 水瓶座 2021-2023

作家
石井ゆかり
出版社
すみれ書房
発売日
2020-12-17
ISBN
9784909957177
amazonで購入する Kindle版を購入する

3年の星占い 水瓶座 2021-2023 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

時効警察

通勤中の車のラジオで、やたらグレートコンジャンクション、水瓶座の風の時代、ときくから読んでみました。 乗りたいわ〜、この運気。 最後にゆかり先生が、でも占いはオカルトです、と言ってるケド、いいのだ!それで。

2021/02/05

Risa Shimowada

どの占いも何故かさっぱり頭に残らなくて、文章が理解出来ているのか出来ていないのかすら分からないのだけど、また買ってしまった(笑) 石井ゆかりの言葉は心地いい(そして覚えていない)。夢ってすぐ忘れてしまうけど占いと夢は似てるのかも、と思ったり。この数日は星が大きく動く時期とあちこちで言われているけど、個人の生活は何も変わらず。それでも良い一年になりますように

2020/12/22

こずえ

占いだけど、まず言葉にこだわって、自己啓発的な語り口、というのは、石井ゆかりさんから大きく認知されたよなあ。 やはりとても読みやすいし、考えるヒントになる語り口ですよね。昨日の午前中読んでいたのだけど、全く意識せずグレートコンジャンクションの日でした…!私は単純なので「おおお、やっぱ西洋占星術と相性いいな…」と思うなど。水瓶座はとにかく今年周辺がいろんな起点と言われてまして、(今年は変化のなかった人のほうが珍しくなってしまったけど)いやー、啓示に満ちている…。まあ無理せず楽しみましょう。

2020/12/21

Nao

書店で見かけて、なんだか自分の状況と当てはまるぞ…と引き寄せられたけど、占星術の占い予約してるし…とその場では購買意欲を抑えた。が、やはり気になってしまい電子書籍で購入…。いろんなことが書いてある中で、自分に当てはまっている部分だけにフォーカスを当てて、「めっちゃ当たってる!!!」って思ってるだけなのかもしれないが、「私やんwww」って思う部分が多かった。当たる当たらないは別として、自分は今のままでいいんだと思うことができ、未来に希望が持てる。2023年まで定期的に読み返したい1冊。

2021/04/11

たろす

友達のすすめで買った本。元気をもらえて背中をおしてもらえる言葉が多く、当たる当たらないにはおいといて読んでよかったと思えた。でもなんか当たる気がする。だって今年スタートの年って書いてあるけど、実際に区切りの年で、スタートだと思うできごとが待ってるから。愛の部分もその通りになればいいなと思う笑

2021/03/20

感想・レビューをもっと見る