読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

石ころ路 (灯光舎本のともしび)

石ころ路 (灯光舎本のともしび)

石ころ路 (灯光舎本のともしび)

作家
田畑 修一郎
山本善行
出版社
灯光舎
発売日
2021-07-14
ISBN
9784909992512
amazonで購入する

石ころ路 (灯光舎本のともしび) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

アキ

「灯火舎・本のともしび」第ニ弾。「どんぐり」に引き続き、読了。灯火の中抜きのマーク、題字のバックの青い色が煌めくしっかりとした装幀は野田和浩。京都の古書店主・山本善行編の田畑修一郎の三小篇。「木椅子の上で」「石ころ路」「あの路この路」昭和十一年から十五年にかけての小説。どの短編も土地とそこで生活する人々の懸命さと儚さを感じさせる。若くして死んだ三崎や、三宅島の雄山から海への断崖からの落下の空想、義母の死と娘夫婦の破綻というそれぞれの内容に、著者が40歳にして亡くなったという人生が重なって見えてしまう。

2021/12/26

上品な本画好きな寺

この灯光舎・本のともしびシリーズは装丁が素晴らしい。まだシリーズ2冊目だが、どれもきちんと読み切れる薄さと、薄いのにしっかりとした装丁&造本で美しい。読まれる事に重きを置けば、薄いというのは良い事だと思う。読書に苦手意識がある人にも親切である。この作者は知らなかったが、本書の短編はどれも面白く、さすが撰者の山本善行は古本屋さんだけの事はあるな!と感嘆していたが、青空文庫に何作も出ていた(笑)。表題作も青空文庫で読める。私の目が節穴なだけであった。しかしこの人の、島を舞台にした短編は良い。是非読んでみて!。

2021/08/01

感想・レビューをもっと見る