読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

公〈おおやけ〉 日本国・意思決定のマネジメントを問う

公〈おおやけ〉 日本国・意思決定のマネジメントを問う

公〈おおやけ〉 日本国・意思決定のマネジメントを問う

作家
猪瀬直樹
出版社
NewsPicksパブリッシング
発売日
2020-07-10
ISBN
9784910063096
amazonで購入する Kindle版を購入する

公〈おおやけ〉 日本国・意思決定のマネジメントを問う / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ころこ

結構驚いたのが、多くの読者が著者を保守政治家だと認識していたことです。団塊世代特有の不用意さはあるものの、立花隆に酷評されたようなキッチュさが売りのノンフィクション作家だったはずです。著者が「昭和16年の開戦」を原点と自認することで今回のタイトルである「公」の問題を書き続けたことになってしまっています。実際には浩瀚な本の中身はもっと猥雑なもので、作家が過去を振り返ることで均されてしまっている印象を受けます。それらを掬い取れない網の目である現在の著者は、作家ではなく政治家との印象は拭えないのかなと思います。

2020/11/13

T.Matsumoto

猪瀬氏の著作ならびに政治的業績の総集編です。作家という枠にはまらない活動には感銘を受けました。道路改革やオリンピック誘致のエピソードなどは、やっぱり面白いです。都知事辞任の原因とされた徳洲会からの資金も収賄じゃなかったのは初めて知りましたが、なんとも勿体ないことをしたと思います。タイトルの「公」に関する記述は少ないのですが、家長の意識をもち「公」の意識を持たないと進化がない、とメディアに問題提起するところがハイライトなのかな。猪瀬直樹入門書としてお薦めしますが、ファンとしてはやや物足りないかもしれません。

2020/10/23

Kazuturas

ノンフィクション作家が、どのように道路公団民営化などに関わり都知事として活動していたのか、学生紛争のリーダー時代までも遡りながら語る。官僚主義日本の戦後の総括のようでもあり、自叙伝として彼の作品群への導入でもある。「家長」としての歴史的責任を果たすべきと、官僚主義を難じる。メディア上の発言からなかなかにハードコアな保守主義者と見受けるが、ノンフィクション作家としての矜持と技術的な制約によるのか、歴史文書に対する立場が進歩的というかリアリストで、歴史の現実を見つめようとしているのが面白い。

2020/11/21

HYdaniel

「公」という大きく出たタイトルと重めの表紙の割に、論考は軽くあっさりしている。とはいえ一つひとつの指摘はもっともであるし、猪瀬さんの問題意識もわかる。総力戦研究所のくだりや、道路公団民営化時のやりとりは、あらましを知っていても成程と思うものがある。要約すれば、国家を動かす意思決定はオープンな議論に基づかなければならない、なんとなくの空気であってもいけないし、政治家や官僚だけの閉じたグループであってもいけない、そうした議論に参加する自由なプレーヤーが必要である、ということに尽きる。

2020/09/16

mm71

著者の自伝であり、集大成的作品。行政経験が豊富なため、感染症対策本部の会議時間、意思決定の仕組みというか仕組みにない不透明さの論評が興味深い。

2020/08/24

感想・レビューをもっと見る