読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

インスタグラム:野望の果ての真実

インスタグラム:野望の果ての真実

インスタグラム:野望の果ての真実

作家
サラ・フライヤー
井口耕二
出版社
NewsPicksパブリッシング
発売日
2021-07-09
ISBN
9784910063188
amazonで購入する Kindle版を購入する

インスタグラム:野望の果ての真実 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

どんぐり

インスタグラムがフェイスブック(現Meta社)の傘下に入ったのは2012年9月。創業者のシストロムとクリーガーは、買収した会社を吸収しないというザッカーバーグのM&Aの提示を受け入れ、10億ドルで身売りした。以降二人は、2018年9月に退任するまで経営にあたった。本書は、その間のインスタグラムとフェイスブックの事業の発展を関係者に取材したもの。フェイスブックのとった道は、スマホを持つ人がずっと使い続けることができる魅力を高めていくこと。→

2021/12/14

ミライ

インスタグラムの共同創業者ケビン・シストロムを主人公として、インスタの立ち上げ~フェイスブックの買収~10億人ユーザー突破~シストロムのインスタCEO退任までを描いたテック企業の大河物語。インスタのストーリーを導入するまでの苦悩など、テクノロジー的な内容も多いが、インスタが巨大企業フェイスブックに買収されてから、急速にユーザー数を拡大していく中で、フェイスブック内の社内政治に巻き込まれていく最中でのシストロムの葛藤がリアルで面白い。450ページ超と長いが、一冊の長編小説みたいなかんじでスラっと読めた。

2022/02/21

Hiroo Shimoda

インスタとFacebookがこれほどまでに理念と文化が違うとは。PMIを考えるにあたりなかなか面白い。

2021/11/28

人生ゴルディアス

とても面白かった。インスタは、創業者が旅行中に妻から写真を綺麗に加工するフィルターつけて投稿できるようにしたら? の一言で生まれた、みたいな単純な説明を読んだことがあっただけなので、運がよかったんかなくらいの認識だったが、すごい美意識と方法論に支えられていたのだと理解できた。そしてFBというかザッカーバーグの邪悪さよ。FBに会社売った人は基本不幸になってる気がする。

2021/10/04

Masaaki Kawai

インスタ始めて9年。フェイスブックに買収されたころに始めたんやなぁ。フェイスブックのものやけど、インスタのほうが断然好き。インスタの本やけどフェイスブックの歴史も分かる内容です。創業者が去って、フェイスブック化してきている部分もあるよね…書かれている機能の変遷は実体験としてあるし、その舞台裏が知れておもしろかった。確かに前にはキラキラしてなあかんと思うところもあったけど、今は自然体。けど、これを読んで創業時の美しさを求める姿勢とか知ると、映えではないキレイな写真をアップしんとなという思いになります。

2021/09/03

感想・レビューをもっと見る