読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ブッダに学ぶ ほんとうの禅語

ブッダに学ぶ ほんとうの禅語

ブッダに学ぶ ほんとうの禅語

作家
アルボムッレ・スマナサーラ
出版社
アルタープレス
発売日
2020-01-31
ISBN
9784910080024
amazonで購入する Kindle版を購入する

ブッダに学ぶ ほんとうの禅語 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

西

スマナサーラ長老が禅に対して上から目線なのはちょっと気になる。だけどテーラワーダ仏教徒なら仕方ないのかも。色々と考えて考えて、それは違うと指摘されて更に考えて、そうしてそれぞれが気付いていくのかもしれない。上手に生きていくための知恵として仏教を活用するのか、それともただ真理に近付くことを求めるのか、それによっても結論は変わるというか。そういう意味で、正解の無い禅問答は必要なのかもと思った。また読み返して自分の考えの足りないところを補いたい

2020/03/28

フーモン

一期一会。俗世レベルの解釈の方がしっくりきた。この茶会は一回しかない。その場でかんせいするしかないんだから、一座一座真剣に取り組まなければならない。 外の物質世界に流されて、一喜一憂しない。ただの現象として観察するべし。それがいわゆる修行と言われる。

2020/12/10

Go Extreme

文化≒人間が被っている衣装 ブッダの教え・心の教え:衣装を変えても変わらず 禅宗とテーラワーダ仏教の共通点:解脱・涅槃・悟りを強調 西洋の価値観:オレさえ生きていられればいい 仏教の価値観:生きる≒ほんの一時期かりたもの→美しく空気のように生きる 禅宗:テキスト(根幹となる聖典)なし 達磨大師・面壁9年≒仏教は学問でなく個々人の心の問題 ブッダの教えは精密・論理的・安定的≒新幹線に乗っているだけで目的地に到着 禅語・不安定:論理的な思考から抜け出すことを強いる 禅の師匠:誤解したらお前の間違い→覚悟迫る

2020/03/30

感想・レビューをもっと見る