読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

咲ききれなかった花: ハルモニたちの終わらない美術の時間 (ajuma books)

咲ききれなかった花: ハルモニたちの終わらない美術の時間 (ajuma books)

咲ききれなかった花: ハルモニたちの終わらない美術の時間 (ajuma books)

作家
イ・ギョンシン
梁澄子
北原みのり
出版社
アジュマ
発売日
2021-06-05
ISBN
9784910276014
amazonで購入する Kindle版を購入する

咲ききれなかった花: ハルモニたちの終わらない美術の時間 (ajuma books) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Go Extreme

偶然 まなざし 震える手 お試し期間 ハルモニ美術クラス 孤独な情熱 隠された傷 やまない苦痛 新たな試み 赤い唇 ひたむきに とまどい 変化 故郷 悪い手 後ろ姿 絵画謝罪事件 パンツ、はかせな あの時、あの場所で 好奇心 供出 悪夢 ガラクタ 朴玉蓮姉さん 出会い 沐浴する娘たち 連れて行かれる 責任者を処罰せよ 絵画になった苦痛 最後の授業 鳥になった姜徳景ハルモニ 遅咲きの花

2021/11/07

SATOMAN

歴史の中での数字としての被害者ではなく、一人一人のハルモニの苦しみ、悲しみが伝わってくる本。日本軍による性搾取被害にあった戦中、性奴隷にされたことが負い目になり故郷に帰れない戦後、勇気を出して被害を訴え出たにもかかわらず誠実な謝罪をしない日本政府。繰り返される屈辱の中で、それぞれの思いのたけが絵に託される。憎しみよりも悲しみ、美しさが際立って感じられる素晴らしい絵だった。終戦から長い年月が過ぎることで、当事者たちは少なくなっていくが、このような証言、作品が残されるということは、とても意義深いことだと感じた

2021/06/29

感想・レビューをもっと見る