読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

こなくてよかったサンタクロース

こなくてよかったサンタクロース

こなくてよかったサンタクロース

作家
毒蝮三太夫
塚本 やすし
出版社
ニコモ
発売日
2021-11-18
ISBN
9784910593739
amazonで購入する

こなくてよかったサンタクロース / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

☆よいこ

クリスマス絵本。クリスマスプレゼントを期待して靴下を下げた少年。でも少年の家は貧しくて病弱な母親はプレゼントを用意できなかった。母親は靴下の中に手紙を入れた。それを読んだ少年は「よかった~サンタクロースこなくてよかったんだ~ だってママ!サンタさんはぼくよりつらいこのところへいって ぼくのところにくるひまがなかったんだ だから こなかったんだ!」少年は雪の降る外へとびだしていく▽少年の優しさはとてもいいけど、母親の手紙は最悪「せかいいちだめなママより」なんて手紙欲しい?おすすめしません。

2022/01/30

ヒラP@ehon.gohon

考えさせられるクリスマス話です。 貧しい母子家庭があって、子どもはサンタクロースはお母さんだと知っていて、プレゼントが来ない理由を子どもなりに自分に言い聞かせる、現実感はあっても夢が見えないお話でした。 できれば、ユーモアで彩りを加えてほしいと思いました。 なんと言っても、毒蝮三太夫さんの作品ですか。 塚本やすしさんも、暗い絵本に仕上げています。

2022/03/28

M78に行きたい雨巫女。

《図書館-新着》毒蝮さんの絵本。貧しい病弱な母親と少年の悲しいクリスマスの話。切ないけど、ホッとする話。

2022/02/02

感想・レビューをもっと見る