読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

クィディッチ今昔 (ホグワーツ校指定教科書 (2))

クィディッチ今昔 (ホグワーツ校指定教科書 (2))

クィディッチ今昔 (ホグワーツ校指定教科書 (2))

作家
J.K.ローリング
J.K.Rowling
松岡佑子
出版社
静山社
発売日
2001-09
ISBN
9784915512445
amazonで購入する

クィディッチ今昔 (ホグワーツ校指定教科書 (2)) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

kaizen@名古屋de朝活読書会

クィディッチは、ハンドボール、水球に似た球技だ。 箒(ほうき)に乗っているところは、一線を画している。 クィディッチが現在の規則に至るまでの歴史が書かれている。 また、さまざまなチームの記事も掲載されている。 ハリーポッタの背景情報として、1024倍楽しめる。

2013/04/19

S

「ハリー・ポッター」シリーズに登場する架空のスポーツ、クィディッチの歴史について書かれた本。「幻の動物~」同様マグルにも読めるように取り計らった体裁が取られている。魔法使いたちの古代のスポーツから箒が魔法使いにとっての交通手段へ変わって行く過程、クィディッチというスポーツがいかにして生まれ、変化していったかが書かれており、改めて原作者の世界観の作り込みの深さが窺い知れた。日本にもクィディッチチームがあるのには驚いた。巻頭にはダンブルドア校長による謝辞と、有名な(?)魔法使いからのコメントが寄せられている。

2015/11/12

mari

これがJKローリングさんの創作とは本当に思えません。どこかの国で(星?)本当にあるはず!めっちゃ面白いです。W杯より面白い(笑)

2014/06/22

しゅわ

ハリーポッターに出てくるホグワーツ図書館の蔵書。しっかり貸し出し履歴までついているあたり、遊び心満載です。司書先生の脅迫!?はなかなかコワイです。マグル界の図書館本を大切に扱わない人達も懲らしめて欲しいなぁ。内容の方は、魔法世界で人気のスポーツ「クィディッチ」について書かれた一冊。物語を読んだだけでは謎の多いこの競技ですが、いろんな歴史を経ているらしく、なかなか興味深いです。マグル対策なんてのもあって、芸がこまかいですね。そして、天狗が出てきたのには笑いました。

2013/05/02

ゆっきー

クィディッチいいですね!観るのも、やるのも楽しそうです。自分はチェイサーがいいなあ,,,♡日本にもチームがありましたね!

2013/08/27

感想・レビューをもっと見る