読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

笑顔の花が咲く

笑顔の花が咲く

笑顔の花が咲く

作家
トレーシー・コーデュロイ
ソフィー・オールソップ
井狩春男
出版社
1万年堂出版
発売日
2013-11-12
ISBN
9784925253734
amazonで購入する

笑顔の花が咲く / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

kaizen@名古屋de朝活読書会

のっそりとした白熊が、ルナに花を贈る。喜ばれたので、海を越えて探しに行く。残ったルナは淋しい思いをする。そして再開。家族が離れて暮らして、また会えたときの思いと重なるかも。ルナが、花の種で花を咲かせていたところがすごい。のんびりとして、爽やかな色使いで、落ち着いて読める絵本です。原作がどんな言葉を使っているか読んでみたい。原題:A flower in the Snow.雪の上の一つの花。

2014/10/01

Hideto-S@仮想書店 おとなの絵本 月舟書房

原題A Flower in the Snow. 北の国に住む女の子と白くまの友情物語……ラブストーリーかな? 雪をかき分けて一輪だけ咲いた太陽のような花。白くまは花を摘んで女の子にプレゼントしますが、花はすぐに萎れてしまいます。がっかりした女の子を喜ばせるために、白くまは太陽の花を探す旅に出ます。離れていることで本当に大切なものに気づく。シンプルなメッセージは疲れた心に沁みるかも。一万年堂出版の本を初めて読みました。こころをテーマにした本を中心に扱っている出版社のようです。2013年11月初版。

2015/07/25

クマとルナの深い絆が素敵でした。ルナに笑ってほしくて世界中をかけまわって花を探すクマの純粋なやさしさと行動力にもキュンときました。

2016/04/03

tokotoko

暑くて汗ダラダラの時、寒くて目が開かない時。そんな視界不良の時や、気持ちが枯れちゃってる時、お花が目に飛び込んでくると、どんどん蘇ってきます。お花は、人にとって、お水みたいな存在かもしれません。そのお花がテーマになったこの絵本は、お花=キレイだけではなく、お花を植えてくれた人は、どんな人達だろう?どんな場所から飛んできたタネだろう?・・って、明るくて嬉しい想像が膨らみます。そして、この本ね、いいよー!読んでみて!!って、タネ飛ばしてくれたのは、とっても可愛い存在の読友さんです。今日届いたよ☆ありがとう☆

2015/08/10

たらこ

遠くに離れてみて大切さを知る事ってありますね…心と心のふれ合い♪ちょっと人間関係に疲れたかな~って時にページをめくると良いかも(⌒‐⌒)

2014/02/05

感想・レビューをもっと見る