読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

愛の宇宙方程式

愛の宇宙方程式

愛の宇宙方程式

作家
保江邦夫
出版社
風雲舎
発売日
2012-09-27
ISBN
9784938939700
amazonで購入する

愛の宇宙方程式 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

yamaneko*

こんな風に、導かれるように人生を歩む人もいるんだ、と軽い驚きを感じながら読みました。

2014/03/12

Kazuhiro Okamoto

宇宙=普遍的な愛、物質=量子=素粒子=凝り固まった愛、世界=愛の集まり、ヒト=物質=凝り固まった愛、魂=拡張と収縮を繰り返す愛、人間=ヒト+魂=凝り固まった愛+拡張と収縮を繰り返す愛。従って、我々人間が意識している自我とか心という主体感覚は、物質である肉体、中でも脳神経組織の働きである精神の一部であり、広義の肉体としてヒトを形作る「凝り固まった愛」の作用に他ならないため「拡張と収縮を繰り返す愛」である魂の存在を「私」が、心の中で意識するのは不可能となる。「愛の宇宙方程式」によれば我々は愛でできている。

2017/03/25

シゲリッチ

限りなく言っている事の内容が飛んでいるのだが、やはり内容にぶれがないので最後まで楽しく読ませてもらった。 最近はじめたやり方だが、さわやかな読後感で終わらせないために二歳独に取り掛かる予定です。

2016/09/16

parc11

【Unlimited本】物理学者・保江邦夫氏の何かに導かれて歩んできたかのような半生を綴った本。本書には野口整体の創始者・野口晴哉氏をはじめ、様々な分野の達人・天才・超人が登場する。さても世の中には特殊な能力をもった人達が存在するものなんだなあと感心してしまった。私には縁遠い話だけど、この世界がやっぱり未知に溢れていることを知れただけでも嬉しくなってくる。私にとってのクライマックスは、何と言ってもルルドやファティマでの実体験。所謂“トンデモ本”だと思うけど、キリスト教の神秘に触れられる一冊ではある。

2016/10/31

Translater#6

稲葉さんの本につづいてこの本を読む機会をもらえたこの流れに何より感謝。出会いとはかくも連綿とつながっているものなのかと驚く。自分もあまり頭であれこれ考えずに目の前に来たことをありのままに受け入れてみよう。

2018/05/16

感想・レビューをもっと見る