読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

極東セレナーデ (小林信彦コレクション)

極東セレナーデ (小林信彦コレクション)

極東セレナーデ (小林信彦コレクション)

作家
小林信彦
江口寿史
斎藤美奈子
出版社
フリースタイル
発売日
2016-03-25
ISBN
9784939138799
amazonで購入する

極東セレナーデ (小林信彦コレクション) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

踊る猫

エンターテイメント/娯楽の凄味を思い知らされたように思う。ここでは写真週刊誌の特ダネ至上主義も、日本人のアメリカ信仰もアイドル生成のメカニズムも、果てはチェルノブイリまで「ネタ」としてまぜこぜに飲み込まれて『極東セレナーデ』という一冊の本になってしまうのだった。「なんでもあり」でありながら決して「なしくずし」に陥らないところはこの著者の批評眼の鋭さを伺わせるが、いかんせんヒロインの魅力が立ってこない物足りなさも感じる。キャラが「駒」なのだ。その「駒」が小林信彦の意見を代弁しているという歪さが感じられもする

2020/10/08

シーナ

いつも読んでいる小説とはタイプが全然違っていて、初めはどう読み進めていいのかわからなかった。途中から波に乗れて読みやすくなったけど、やはり全体的に目新しかった。利奈がとても冷静で賢くて同い年くらいとは思えなかった。シンデレラストーリーと、そこからの脱却。正直、原発の話をここで持ってくるのか〜と思わなくもなかった。昔に書かれたお話だけど、どこか現代的でもあったのが面白い。

2016/08/13

kokada_jnet

谷村新司の曲「極東セレナーデ」はこの本へのリスペクト? それとも偶然? http://recochoku.jp/song/S1001518136/ しかし、江口先生以外に人材いなかったのかな?

2016/05/27

minoguchi

久しぶりにふと読み直してみたくなって探してみたら、こんな形で出ていたのですね。残念なことに氏の多くの小説は絶版になってしまっているので、復刊はとても嬉しいです(しかも表紙が江口寿史!)。「小林信彦コレクション」としてはまだ2巻しか出ていないみたいだけど、続刊にも期待。「夢の砦」もぜひ早く。 それにしても、初読からもう約30年も経ってしまっていたのか…。

2017/02/19

Noshi Wada

この本が面白いのは30年前から知っている。勿論今も大事に持ってるし、何十回も読んだ。でも今回、新しく買わざるを得なかったのは、江口寿史のカバーイラストだったから!一見平凡だけど瞳だけは美しい朝倉利奈二十歳のシンデレラストーリーに相応しい表紙はジャケ買いも必須。ニューヨークが我々の夢の街だった、バブルちょい前の空気感が懐かしいけど全く色褪せないチャーミングな物語です。紫の薔薇の人を彷彿とさせる氷川秋彦が私は好き。小林信彦作品で、ドジリーヌ姫と双璧をなす名作だと思うよん。

2016/05/12

感想・レビューをもっと見る