読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

角砂糖の日(新装版)

角砂糖の日(新装版)

角砂糖の日(新装版)

作家
山尾悠子
合田佐和子
まりの るうにい
山下陽子
出版社
LIBRAIRIE6
発売日
2016-12-15
ISBN
9784990932008
amazonで購入する

角砂糖の日(新装版) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

コットン

幻想文学の山尾さんによる復刻短歌。オマケの別冊:小鳥たちも面白い。短歌も独特な感じ「幾何学の町に麺麭買ふ髭をとこπの算術今日咲き継がせてよ」パンとπ~♪。挿画は山下陽子、合田佐和子、まりの・るうにい、と豪華!

2017/05/14

雨伽詩音

昨年末の誕生日プレゼントにねだって、父に買ってもらったのを大切にとっていたのだけれど、ようやく読んだ。愛らしい装丁と、彼女特有の幻想的な作風がマッチしていて、歌を紐解けば心は異界をさまよいはじめる。ダークメルヘンな作品が多くて、こういう世界観を俳句にしたいと常々願っている私には、また新たな師を見出したような気持ちになった。塚本邦雄を思わせるなぁと思ったら、巻末に名前が出てきて合点がいった。

2017/05/01

彼女の詩を理解するのはまだわたしには早すぎた。暫く寝かせる。

2017/05/03

りお

とても、綺麗な本です

2017/01/14

まんだむ

ずっと欲しかったので読めて満足でした。歌集の中では『曠野の地平をさびしき巨人のゆくを視つ影うすきかな夕星(ゆふづつ)透かし』が好き。書き下ろしの「小鳥たち」もすごく良かった。ラストが美麗で素晴らしい。

2017/03/26

感想・レビューをもっと見る