読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ヱクリヲ vol.10 特集I 一〇年代ポピュラー文化――「作者」と「キャラクター」のはざまで 特集II A24 インディペンデント映画スタジオの最先端

ヱクリヲ vol.10 特集I 一〇年代ポピュラー文化――「作者」と「キャラクター」のはざまで 特集II A24 インディペンデント映画スタジオの最先端

ヱクリヲ vol.10 特集I 一〇年代ポピュラー文化――「作者」と「キャラクター」のはざまで 特集II A24 インディペンデント映画スタジオの最先端

作家
高井くらら
横山タスク
伊藤元晴
山下研
さやわか
西兼志
得地弘基
難波優輝
楊駿驍
横山宏介
堀潤之
小川和キ
伊藤弘了
佐久間義貴
村井厚友
福田正知
出版社
ヱクリヲ編集部
発売日
2019-05-10
ISBN
9784990973735
amazonで購入する

ヱクリヲ vol.10 特集I 一〇年代ポピュラー文化――「作者」と「キャラクター」のはざまで 特集II A24 インディペンデント映画スタジオの最先端 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ドウ

vol.7よりも、雑誌としての主題の質も、個々の記事の深みもより良くなっていたように感じる。継続は力なり。以下主題からの連想。FF15のクリア後に行ける某ダンジョンで途中で挫折すると主人公が「おかしい、このダンジョン作った奴は絶対おかしい」とぼやく。ダンジョンも主人公の台詞も、製作者が意図的に忍ばせているものであり、「やりこみ要素を極めようとしているほどこのゲームが好きなら主人公に共感するだろ?」という、エンタメ性を犠牲にしたメッセージが読み取れる。これもまた2010年代のエンタメの特徴なのだろうか。

2019/09/16

感想・レビューをもっと見る