読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

週休3日宣言―水曜どうでしょうハウスにこもって考えたこと (どうで荘文庫)

週休3日宣言―水曜どうでしょうハウスにこもって考えたこと (どうで荘文庫)

週休3日宣言―水曜どうでしょうハウスにこもって考えたこと (どうで荘文庫)

作家
嬉野雅道
藤村忠寿
出版社
烽火書房
発売日
2020-10-01
ISBN
9784991116018
amazonで購入する

週休3日宣言―水曜どうでしょうハウスにこもって考えたこと (どうで荘文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

岡本

池袋ジュンク堂で購入。コロナ禍のステイホームで森生活を始めた藤村さんと強い危機感を持った嬉野さんによる今年を振り返ったエッセイ。タイトルにもなっている藤村さんの「週休3日」は確かに納得がいく考え方。週休2日だと平日の疲れを癒やしたり趣味を少し楽しむ程度で、自分が成長する為に時間を費やす気には余りならない。テレワークが進む中、今後の働き方や自分の事を内省する様になる一冊。来年の続編が楽しみ。

2020/12/09

rubbersoul

「他人の意見に左右されるんじゃなくて状況をちゃんと見て自分の頭で考えようよ」

2020/11/22

かびるんるん

人は働き過ぎなのだ。コロナで人生観・仕事観が変わって、うれしーの危機意識も今となっては分かる気がする。

2021/01/19

感想・レビューをもっと見る