読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

乾と巽―ザバイカル戦記―(6) (アフタヌーンKC)

乾と巽―ザバイカル戦記―(6) (アフタヌーンKC)

乾と巽―ザバイカル戦記―(6) (アフタヌーンKC)

作家
安彦良和
出版社
講談社
発売日
2021-11-22
ISBN
9784065258576
amazonで購入する Kindle版を購入する

乾と巽―ザバイカル戦記―(6) (アフタヌーンKC) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぐうぐう

「小さき者」達と「戦争」。それはつまり、地べたを這う者から見上げた歴史、と言えるかもしれない。砲兵としての乾と、記者としての巽、この小さき者である二人は確かに、巨大な歴史に翻弄されているように見える。しかし、小さき者達こそが歴史を動かし、作っているのだという信念を、安彦良和の画からは感じられる。決してスーパーヒーローではない二人が、懸命に生きようとする姿が、少しずつ歴史を形作っていくのだ。

2021/11/26

bittersweet symphony

虹色のトロツキーとのクロスオーバーも新しいネタはなく、本筋の話も遅々として進んでおりません。辛いです。

2021/11/22

感想・レビューをもっと見る