読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

警官の道

警官の道 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

いつでも母さん

7人の作家の書き下ろしアンソロジー!どれも期待通りのワクワク感でこのままシリーズ化になって続きが読みたい話ばかりだった。ザックリ私の心を試されるような葉真中さん、中山さん、下村さん。絶対にその後が知りたい深町さんに柚月さん。何とも言えぬ怖さを感じた呉さんに、シスター強すぎて笑ってしまった長浦さん。いろんな警官がいた。あぁ、幸せな読書だったが、次はもう少し長いのを読みたい。どこまでも我儘な読者です私。

2022/01/11

akiᵕ̈*

7人の作家陣による警察小説アンソロジー。初めての作家さんもいたけど、期待高まる豪華な面々!いじめ、性的マイノリティの苦悩、SNSの問題提起など、短編でありながら読み応え十分!特に長浦さんの「シスターレイ」は、母親の在宅介護を頼んでいるマイラから“助けて”と1本の電話から事件に巻き込まれた、ただの予備校の講師だと思っていた玲の正体がわかってからの展開に目が離せなかった!柚月さんの「聖」は、孤狼の血のスピンオフなだけに、あの世界観のお話ではあるけれど、聖という1人の男の進む道をマイルドに描いた良き作品でした。

2022/01/02

チャーミン

気鋭の7人の作家による警察小説アンソロジー。長浦さんは初読み、他6人はお馴染みの作家さん。各々個性的で面白かったけれど、特に良かったのは長浦さんの「シスター・レイ」柚月さんの「聖」。長編もいいけれどこんな短編も面白い。

2022/01/19

さこぽん

◎なんて豪華なアンソロジー!! 余すことなく全部、すごくおもしろかった。 警官の道を選び、進んでいくものたち。 甲乙つけがたいが「孤狼の血」のスピンオフがとびきりよかった。「クローゼット」も好き。”クローゼット”と言わず、”押入れ”と言ったのがなおいい。続きがどうなったのか気になる。 

2022/01/09

tan

好きな作家さんと初めましての作家さんが半々のアンソロジー。やっぱり好きな作家さんは慣れているからか安定の面白さでした。柚月さんは「孤狼の血」のスピンオフということですがこの人物がどこで登場したのか思い出せず残念。ぜひ次回作でまた登場させて欲しいですね。中でも一番印象に残ったのは初読みの深町さん。この後どうなったのか、吉と出るか凶と出るか…凄く気になります。

2022/01/05

感想・レビューをもっと見る