本が売れても食べられない書店とは? 出版流通の危機を読み解く③

ビジネス

2018/8/20

 書籍と雑誌を商品として比べると、書籍は非効率で雑誌は効率が良いといえます。もちろん、これは内容のことではなく、商品として利益を稼げるのかという視点での話です。  雑誌は定期的に発行されますから、購入される数などを予想するのは容易ですし、1点(1号)あたりの発行部数が約6万冊と多く、配送先もほぼ毎号決まっているのでロ... 続きを読む