『東京ウォーカー』、平成最後の大リニューアル!

暮らし

2018/10/20

 ダ・ヴィンチニュース読者のみなさま、はじめまして!『東京ウォーカー』編集長の加藤玲奈(かとうれな)と申します。

 私が編集長になったのは今年の7月からのことで、ほやほやの新米編集長なのでちょっとだけ自己紹介させていただきますと…

 異動までの2年間は『レタスクラブ』という生活情報誌にいて、その前はず――っと、コミックエッセイというジャンルの編集者でした。

 コミックエッセイでは作家さんの取材に同行することが多く食べたり、飲んだり、走ったり、妖怪探しに出かけたり

 うっかりカレー大食い大会で優勝したりしました。

 そんな食への執念を買われたのかどうか、レタスクラブでも料理ページの担当だったのでジャンルは違えど、ずっと食べることや飲むことに全体重を乗っけてきました。

 そしてこの度、東京ウォーカーという間もなく30周年の雑誌の編集長となったのです。

 リニューアルのコンセプトについては、漫画家の新久千映さんと清野とおるさんが漫画を描いてくださったのでこちらをご覧いただくとして、今日はとにかく熱量高め!なアツアツコンテンツの数々をご紹介いたします。

 まずは表紙、ジャン!

 その前の表紙はこれなので

 比べてみると、かなり情報もりもりなことがわかります。

 では中身にいきましょう。ポン!グルメページは、回転寿司と焼肉を一気に取り上げちゃう欲張りぶり。

 一人暮らしの狭い我が家をいかに楽しく住まうかの工夫や…

 お金が貯められない人(リアルに貯金額0円とか)たちの赤裸々なお財布事情と悩みを解決したり、

 スパ銭を極めまくっている達人たちに活用法を教えてもらったりもしています。

 コミックエッセイも、見てください、この豪華なラインナップ!!

 他、連載もシングルに優しい内容となっております。

 新生東京ウォーカーはこれからも攻めの姿勢でいきますのでぜひぜひお手に取ってご覧ください!この連載もまた更新いたします^^

加藤玲奈(かとうれな)編集長
大学卒業後、竹書房に入社。エロ系編集のち、メディアファクトリーに転職。コミックエッセイ編集部を経て、KADOKAWA合併後、レタスクラブ料理班に。2018年秋より『東京ウォーカー』の編集長を務める。