最&高! 独身忘年会

暮らし

2018/12/6

 みなさん、こんにちは。東京ウォーカー編集長の加藤です。

 リニューアル号、反響を続々といただいておりましておかげさまでここ半年で一番部数が出た号になりました。めでたし! 読んでくださったみなさんに心から感謝申し上げます。

 さて、そのリニューアル号の冒頭ページで読者のみなさまに「独身忘年会」をお知らせしておりました。

 たくさんのご応募をいただいていたのですが、新生・東京ウォーカー、今回が初の読者イベントということで50名に限定し、12月1日(土)に開催の運びとなりました。

 舞台はこちら!品川駅から徒歩30秒の「ギョウザマニア 品川はなれ」。

 このタイミングでギョウザマニアさんは『ミシュランガイド東京2019』のビブグルマン部門に選ばれました。パチパチパチ!!

 ここの餃子、本当においしいんですよ。焼きも水も揚げも、申し分なし。

 皮も、こんな感じで手作りしていますし。

 こんなおいしい餃子や鍋やお料理いろいろがお酒も飲み放題でなんと1,000円ぽっきり! 激安です。

 このイベントに参加する条件はただ一つ「独身であること」。「独身最高―――!!」のコール&レスポンスを皮切りに、宴の幕が切って落とされました。

 それぞれのテーブルは初対面同士なので盛り上がらなかったらどうしよう…とトーク用サイコロやクイズなどを用意していたのですが、

 完全なる杞憂に終わりました。どのテーブルも異様なまでの盛り上がり!「独身」という共通ワードが、グルーヴ感を生んだのでしょうか。(ちなみに私も含め、編集部員もほぼ独身)

 みんないい笑顔!

 参加した方からは

「初対面の人とこんなに盛り上がれるとは思ってなかった」

「婚活とか関係なく、知らない人と会話するのがすっごく楽しかった!!!東京ウォーカーさんの企画にほんと感謝!」

「編集部の人たちとたくさん話せて嬉しかった」

「独身最高! いろんな人の結婚感が聞けてよかった」

「独身の人ばかりなので会話が弾みました」

「2次会行きたかった!」

「嬉しみの極み。あげぽよあげぽよ」

 などの感想をいただきました。私たちも嬉しみの極み!

 記念の集合写真を撮る頃には気持ちはもう同級生。

 最後は手作り感丸出しで、編集部員による腕アーチでお見送りいたしました。

 東京ウォーカーはこれからも独身イベントをどんどんやっていきたいと思います。イベントの詳しい様子は12/20発売号でも紹介いたしますね。現場からは以上です!!

加藤玲奈(かとうれな)編集長
大学卒業後、竹書房に入社。エロ系編集のち、メディアファクトリーに転職。コミックエッセイ編集部を経て、KADOKAWA合併後、レタスクラブ料理班に。2018年秋より『東京ウォーカー』の編集長を務める。