子鉄はクリスマスも鉄道ざんまい⁉ 新幹線を大解剖した『鉄おも!』で師走もウッキウキ!

エンタメ

2018/12/8

 あ~、もう12月!

 子どもにとっても、大人にとっても、いろんな意味でソワソワする12月に突入です。

 子どもたちにとって、12月最大のトピックスと言えば、そう、やはりクリスマスでしょうね。

新幹線特集の最新号ですが、新型特急のニュースや人気車両の引退、おもちゃ情報など、子鉄クンが喜んでくれそうな企画がいっぱいです!

 みなさんは子どもの頃、どんなプレゼントをもらっていましたか?あとになって思い返すと、印象的なプレゼントって意外なものだったりしませんか?

 私自身の話をすると、はっきりと思い出せるのは小学校3年生くらいの時、朝起きて枕元に置かれていた“地球の図鑑”。

 両親(当時はサンタさん)にしてみれば、「そろそろおもちゃではなく、興味の対象を広げられるもの」とでも考えたのでしょう。自分でも親になった今にして思えば、納得できる考えです。

 しかし! 当時の私のテンションは、朝からダダ下がり…。定番のおもちゃをもらって喜んでいる妹を横目に、なんとかうれしそうな顔を作ろうとがんばっていたことを思い出します。

 それでも、その図鑑が長いあいだ本棚に収まっていたことを考えると、当時の私はけっこう気に入っていたのだと、感慨深いものがあったりして。

 これを読んでくださっているパパさん、ママさん!今年のプレゼントは何にしようと考えていますか?「今うれしい」ものか「あとになってうれしい(かも)」ものか、ぜひ一緒になって頭を悩ませましょう!

ひと口に鉄道と言っても、おもちゃメーカーさんのアプローチもさまざま。幅広い年齢層をカバーし、一緒に成長していけるのも鉄道の特徴かもしれませんね。

 さて、すっかり前置きが長くなってしまいましたが、今月の鉄おもにも、クリスマスに関連する企画を入れています。

 まずは「鉄おも的、プレゼント候補セレクション」。初めてのプレゼントにもピッタリな木の鉄道おもちゃから、鉄道模型への入り口にピッタリな新商品まで、いろいろ紹介していますので、参考にしていただければうれしいです。

 また、読者プレゼントは毎号実施していますが、今号は年に1度の拡大版!

 232個の鉄道おもちゃ&グッズをクリスマスプレゼント代わりにご用意しましたので、ぜひご応募くださいね。

読者プレゼントは年に1度の大盤振る舞い! 巻末のハガキでどしどしご応募ください。

 特集は変わらぬ人気ナンバー1の新幹線。

 試験走行に出くわしたという声も増えてきたN700Sや、「最高速度は目標360キロ!」という新型新幹線の試作車、さらには「新幹線の座席くらべ」なんて、ややマニアックな記事まで、いろいろな角度から新幹線を大解剖しています。

特集には、新幹線のさらなるステージアップを模索すべく作られている「ALFA-X」も登場!先頭車の“鼻”は、ますます長くなるようです。

 毎年恒例の付録「2019年新幹線カレンダー&スケジュールシール」も、新幹線のカッコいい写真ばかりを集めましたので、ぜひお部屋に飾ってスケジュール管理の練習に使ってください。

 このエッセイを書いていて思い出しました。お年玉にもほろ苦い思い出があったことを…。それはまた次の機会にお話ししたいと思います。では、また来月!

付録はカレンダー&スケジュールシールです。でんしゃのカレンダー、特に子ども向けって意外と少ないんですよね。

大渕俊輔
書籍編集者としてネコ・パブリッシングに入社後、営業部や広報部に異動して数年を過ごすが、再び編集畑に戻ることに。ガレージ専門誌の編集を担当したのち、鉄おも!の編集に携わる。趣味人だらけの同社にあっては、専門分野がない薄口。

ある意味とっても日本らしい! 『名探偵コナン』『ちびまる子ちゃん』… 鉄道とキャラクターが夢のコラボ
実は「ドクターイエロー」並み⁉ 機関車の魅力、知っていますか?
気軽に乗っているから逆に知らない!? キャラも濃ければ奥も深い「JRの通勤電車」の世界
キッズに毎月“鉄分” 補給! 実車もおもちゃもイベントも『鉄おも!』におまかせ‼