花火大会、ジャガーさん! この夏は市川・本八幡に注目だ!『散歩の達人』編集長コラム

エンタメ

2019/7/24

『散歩の達人』8月号(交通新聞社)

 こんにちは。月刊『散歩の達人』編集長の土屋です。

 8月号の大特集は「市川・本八幡」。市川・本八幡ってどんな街、と思った方もいるかもしれません。どちらも市川市を代表するJR総武線沿いの街で、江戸川を渡ればすぐと、都心から近いのが魅力。東京駅から快速に乗れば20分ほどです。そして縄文時代から栄え、下総国の国府、成田街道の宿場町、別荘地と、その姿を変えながら多くの人を集めてきた歴史の古い街でもあります。さらに戦後には幸田露伴、永井荷風、井上ひさしなどの文豪が暮らし、ちょっとハイソで文化的なイメージもある街です。

 そんな街が今、注目なのです。今年2月から葛坂八幡宮参道では約100店が並ぶニューボロイチが隔月で開催されており(偶数月第2土曜日)、5月には本八幡駅前にパール兄弟のサエキけんぞう氏が自宅跡に新しい施設「moto.8」をプロデュース。さらに6月末にはJR市川駅直結のシャポー市川がリニューアルオープンするなど、新たな動きがそこかしこに見えます。

 そしてなにより、8月3日には市川市の一大イベント、市川市民納涼花火大会が江戸川河川敷で行われます。約1万4000発と規模が大きいうえ、同時に対岸では江戸川区花火大会も行われ、こちらも1万4000発。合計2万8000発の花火の競演が楽しめるのです。

アイ・リンクタウン展望施設から見た市川市民納涼花火大会
(写真提供=市川市民納涼花火大会実行委員会)

 特集では、そんな旬の情報をメインに、市川・本八幡の魅力をたっぷり味わえる企画が目白押しですが、市川といえば、やっぱりジャガーさん。千葉のスター、ジャガーさんは外せません。本誌でも表紙に登場していただいたほか、インタビューもたっぷり紹介していますが、このコラムでもジャガーさんの魅力をちょっとだけご紹介。

 本八幡駅のほど近くに宇宙船ジャガー号は停泊中(場所は秘密)。その宇宙船の中でジャガーさんのお話を聞くことができました。宇宙船の中には、ジャガーバイク、ジャガウェイが並び、ジャガーさんそっくりのジャガークローンも。しばらくそんな非日常な宇宙船内で待っていると、「ハロォ~、ジャガーだゼ~ぃ」とハスキーボイスのジャガーさんが登場。インパクトありすぎの風貌にもかかわらず、こちらの要望にも快く答えて下さり、取材陣に気を使ってくださる、とってもいい方でした。本八幡では「MEGAドン・キホーテ」の食品売り場や「シャポー本八幡」の『魚力』にもよく行くとか、里見公園の桜を毎年楽しみにしているとか、江戸川で釣りばかりしていた時期もあったとか、市川愛にあふれた話を伺うことができました。また、「MEGAドン・キホーテ本八幡店」の食品売り場では、なんと「いらっしゃーい」などという、ジャガーさんの呼び込みの音声も流れているそうです。楽しいインタビューの内容は、ぜひ誌面でお楽しみください。

ジャガーバイクを囲んでジャガーさんと取材陣の記念写真。

 そしてじつは現在、『ドン・キホーテ横浜西口店』では「JAGUARミュージアム」が開催中(~8月31日)。インタビューでは、新曲「華麗なるJAGUARカレー」(メタル風で最高です!)の発表と合わせて、「JAGUARミュージアム」の概要を教えてくださいました。ミュージアムでは、新曲「華麗なるJAGUARカレー」と、新曲と同パッケージのレトルトカレーの販売、お宝グッズの販売、そしてミュージアムでしか見られない秘蔵映像が見られるそうです。さらにジャガークローンやジャガーチェア(ジャガー号操縦席)もお目見えとのこと。さらに、ジャガーさんのご当地・本八幡の「MEGAドン・キホーテ」をはじめ、船橋習志野店、幕張店でも応援開催しています。ぜひチェックしてみてください。

「JAGUARミュージアム」記者会見にて。生歌も聞かせていただきました。
レトルトカレーのパッケージ。CDと同じデザインになっています。

 さて、大特集では、ほかにも市川・本八幡の魅力を伝える企画がずらり。イラストで紹介する「中山法華経寺お参りさんぽ案内」や、「市川のパン屋さんが世界のヤマザキに」「市川ラーメン界にやさしさを!」「江戸川リバーサイド満喫法!」「住宅地にひそむ地元ご贔屓グルメ」などなど盛りだくさんです。

 そして第2特集「TOKYO夏酒場案内」では、この時期だからこそ気になるオープンエア酒場を中心に、じわじわきている梅干しサワーブームも探ってみました。

 梅雨明け間近で、いよいよ夏本番。今盛り上がっている「市川・本八幡」、今だからこその夏酒場を楽しんでみませんか? そしてそんな情報が満載の本誌を、どうぞ一度、手に取ってみてください。

土屋広道(つちやひろみち)
1972年生まれ。関西学院大学社会学部卒業後の1996年に株式会社弘済出版社に入社(合併を経て2001年に株式会社交通新聞社)。『鉄道ダイヤ情報』『旅の手帖』編集部を経て、2008年より『散歩の達人』編集部所属。2017年11月号より同誌編集長。

・昭和歌謡、超高層ビル…!? 昭和の東京を楽しむおすすめ3テーマ
・ “おいしいラーメン”も目白押しの神田・神保町・日本橋
・新橋二大ビルで、定食&飲み歩き!
・「高尾山・八王子」の穴場スポット

『散歩の達人』最新号は好評発売中!