40歳女のコロナ太りには「ちくわ」! 速筋タンパクってなに? 『レタスクラブ』編集長コラム

暮らし

2020/6/1

『レタスクラブ ’20 6月号』(KADOKAWA)

 産後間もない時期、昼夜を問わない授乳による睡眠不足で疲労困憊だったわたし。ごはんを作る気力も失い、ピンチのわたしを救ったのは「ちくわ」でした。

 というとちょっと大げさですが、泣き止まぬ新生児をやっとの思いで寝かしつけ、冷蔵庫に常備しているちくわをかじって小腹を満たす。。。決して自慢できる話ではありませんが、あのときにかじったちくわ、おいしかったなぁ。

 そんな思い出深いちくわに、ダイエットの味方となる成分が含まれていると知ったのは今年の1月。

2020年1月ニッスイの商品発表会にて

 大好物のちくわコーナーで出会った「速筋タンパク」。がぜん興味が湧き、発売中のレタスクラブでこのようにご紹介。

レタスクラブ6月号「健康的にやせるにはマスト!ちくわが欠かせない」

(以下、誌面より引用。ニッスイのご担当者に取材しています)

「ちくわの原料スケソウダラに豊富な速筋タンパクをとると、代謝アップや引きしまった体づくりに欠かせない筋肉「速筋」が増えます。そのために、日常的にちくわを食べているとやせやすい体になるといえます。(中略)原料にスケソウダラとある生食用がおすすめ。」

 あのいつも食べているちくわで新陳代謝が促進されるとは。40歳になってめっきり代謝が下がった私には、うれしすぎる情報です。

 塩分をとりすぎないかと心配したのですが、ちくわのうまみや塩けを利用して煮ものや炒めものを作れば、いつもより少ない調味料で済むので、逆に減塩に。それに、いまは減塩のちくわも売られていますよね。

 はい、そうとなったらじゃんじゃん取り入れます、ちくわ。おからヨーグルトも毎朝食べていますが、40歳のダイエットに手加減は不要。やれることは全部やります!

調理/近藤幸子 写真/木村拓

 ご覧ください。こちらのちくわナムルなんて、調味料の塩分はゼロなのです。

ちくじゃが 調理/近藤幸子 写真/木村拓

 ちくじゃがって名前、かわいいですよね(笑)。

「今日は肉がない」という日にも、ボリュームのあるおかずが作れます。

 巣ごもり生活で太った人、今晩のおかずに「ちくわ」をどうぞ。

 ちくわだワン! →40代のみなさん、分かりますよね?

前田雅子(まえだまさこ)編集長
1979年生まれ。リクルート「赤すぐ」シリーズ誌の編集を経験後、オレンジページに入社し、料理編集を担当。2016年KADOKAWAに入社してレタスクラブ編集部へ。2019年8月から編集長に就任。私生活では1歳男子の母。

●過去のコラムはこちら
・「おからヨーグルト」でダイエット中! コロナ太りはどこまで食い止められる!?
・味つけがマンネリ化してきたら「のり」を調味料に!
・在宅勤務期間、意外と大事な爆笑タイム。りゅうちぇるさん、ありがとう!!
・『レタスクラブ』読者とオンライン座談会。「常温保存できる牛乳」に参加者に熱い視線!

この記事で紹介した書籍ほか

レタスクラブ ’20 6月号

出版社:
KADOKAWA
発売日:
ISBN:
4910096650606