満場一致で横溝正史ミステリ大賞受賞!! “笑撃”ミステリー『神様の裏の顔』が文庫化を機に大ブレイク!!

 例年、芸人作家が脚光を浴びるなか、今年もまたお笑い出身作家の作品がブレイクしている。昨年夏の文庫化以来、重版が止まらない元芸人・藤崎翔さんのデビュー作『神様の裏の顔』。東京と関西を中心に本書が実売ランキング上位にランクインしている書店も続々! 人気に火がついた本作品の魅力とは?

校長先生になっても理想の教育を追求し、定年退職後は恵まれない子どもたちの支援に尽力して「教育の神様」と慕われた坪井誠造が逝去した。通夜に訪れた弔問客の大半が涙を流すなか、神様を偲んで過去を振り返る7人の秘密が明らかになり、誠造の悪事や凶悪な一面が見え隠れするのだが……。二転三転する彼らの推理の真相はいかに?

ふじさき・しょう●1985年、茨城県生まれ。2010年まで「セーフティ番頭」というコンビで6年間お笑い芸人として活動。14年に『神様の裏の顔』(受賞時『神様のもう一つの顔』)で第34回横溝正史ミステリ大賞を受賞しデビュー。著書に『私情対談』『こんにちは刑事ちゃん』『おしい刑事』がある。

 

 有栖川有栖氏、恩田陸氏、黒川博行氏、道尾秀介氏ら選考委員の満場一致で、第34回横溝正史ミステリ大賞を受賞した『神様の裏の顔』。単行本発売から2年が経ち文庫化された途端、東京、関西の大手書店や駅構内の書店店頭での売れ行きに火がつき20万部を超えるヒットとなっている。

「たいへん達者な作品で、面白く読んだ。くすっと笑わせる絶妙なユーモアのセンスがあり、サービス精神に溢れている。」(恩田陸氏選評より)、「お笑い芸人として活動していらした経歴からなのか、語り口が非常に愉快で、ユーモアのセンスは見習いたいほどだった。」(道尾秀介氏選評より)、「いやあ面白い!! 普段本を読み慣れていない人とか、ぜひ読んで頂きたいです。」(鈴木おさむ氏)と大絶賛されている本作品。

 物語は、教育者かつ人格者で「神様のような人だった」と誰もから尊敬され慕われていた坪井誠造、享年六十八の通夜からはじまる。
 父の背中を追って教師になった容姿端麗で真面目な長女・晴美。晴美とは正反対の自由奔放な性格で売れない女優をしている妹・友美。坪井の元同僚のスパルタ体育教師・根岸。坪井の教え子でイケメンのスーパー店長・斎木。同じく坪井の教え子で坪井が大家をしていたアパート住人のギャル・茉希。同じアパート住人の売れない芸人・寺島。坪井家の隣人の年輩主婦・広子。彼ら参列者のなかで故人の思い出が蘇るうちに、「神様」のとんでもない犯罪者疑惑が浮上してくるのだが……。

 各人がモノローグで語る構成は、謎とユーモアが絶妙なバランスでちりばめられ軽快なテンポで展開していく。「まさかあの人が?」と言われる人間による犯罪事件も多いなか、関係者の推理と衝撃の真相にページを繰る手が止まらない。そして予想を裏切る驚愕の大どんでん返し! 読みやすくてわかりやすい内容ながら、デビュー作とは思えないほどひねりの効いた面白さなのだ。

 著者の藤崎翔さんはこう語る。
「最初にイメージしたのは映画『十二人の怒れる男』と三谷幸喜さんの『12人の優しい日本人』です。そのパロディーのつもりで何の計算もなく書きはじめたのですが、三谷さんの作品の真似になっちゃいけないので、そこは工夫しました。笑いとどんでん返し、勝負できるとしたらこの2つだな、と。内容はミステリーですが、描きたいのは“普通の人”たち。どんな人間にも、他人からは窺い知れない一面があり、生活があります。これからも笑いのエッセンスを忘れずに、“普通の人”たちを楽しく描いていきたいです」

 劇団ひとりさんの『陰日向に咲く』に衝撃を受けて小説を書きたいと思ったという藤崎さん。期待の新鋭のデビュー作は、本よりお笑いが好きな人にも楽しめる傑作だ。
 


書店員も絶賛!!

完成間近まで組み立てたパズルをぶっ壊され、さらに全く違う絵が出来上がるような読書体験ができます。
(book express ecute品川 south店 佐藤加奈子さん)

世界がひっくり返る快感!ライトな語り口に安心していると必ず2度騙される。
(本のがんこ堂守山店 三浦剛さん)

色々と騙される。まず装丁とあらすじから、最後は内容まで。まさに「どんでん返し」!
(紀伊國屋書店梅田本店 福邉貞二さん)

途中で「展開が読めた」と思っていましたが、読み進めて行くと最後の最後で思いも寄らぬ大どんでん返しがあって、予想を超えた展開が秀逸でした。
(ブックスタジオ新大阪店 伊藤昌至さん)

書店ではこんなパネルで展開も

 
本のがんこ堂守山店/ブックスタジオ新大阪店

取材・文=樺山美夏


今月のおすすめ書籍を紹介中!



TOPICS

最新記事

もっと読む

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集

ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ