人を下に見てしまうという不治の病はせめて表に出さないという自覚が大事

新刊著者インタビュー

2012/12/6

 どうして自分はいつまでたっても、“他人を下に見る”という欲求から逃れられないのか? 誰もがひそかに抱えている根深い心の病巣に、著者自身のこれまでの人生のさまざまな局面を例にあげつつ、すぱっとメスを入れまくる本書『下に見る人』。その小気味よいクールかつシャープな切れ味は、まさに酒井さんの真骨頂だと思う。 「常に“何を... 続きを読む