金城一紀ロングインタビュー 2001年11月号

インタビューロングバージョン

2001/11/1

作家前夜―― ひたすら読むことに専念 初めての執筆は25歳のとき  「20歳の時に小説家を志しました。その時点では時が熟していないというか、実力不足だと判断し、ひたすら小説を読むことに集中していました。100人の人が読んで99人が面白いというような作品を最初から目指したかったんです。25歳の時にデビューを前提に新人賞... 続きを読む