満島真之介「“魂と魂の出会う場所”へと僕が来たのは、あの朝に観た太陽が始まりでした」

あの人と本の話 and more

2013/10/4

毎月3人の旬な有名人ゲストがこだわりのある1冊を選んで紹介する、ダ・ヴィンチ本誌の巻頭人気連載『あの人と本の話』。今回登場してくれたのは、映画『風俗行ったら人生変わったwww』で、自己完結型の童貞男という難しい役を演じ切った満島真之介さん。初の主演作へと連なって来た、その役者人生とは?

「情報が蔓延し、頭でっかちになるあまり、自分自身のことを考えづらくなっている今、この映画がやるべきことを、みんなで一緒に考え、つまずいては登り、まるでピーターパンみたいに飛んでいる気分でした」

「撮影中、ずっとそんな感覚だった」という『風俗行ったら、人生変わったwww』の飯塚健監督をはじめ、自分の役者人生は「魂と魂の出会う場所」と語る満島さん。映画デビュー作となった『11.25自決の日~三島由紀夫と若者たち』の故・若松孝二監督、舞台『祈りと怪物 ~ウィルヴィルの三姉妹~蜷川バージョン』の蜷川幸雄氏……。

「俳優としてのキャリアはまだまだ浅いのに、錚々たる方々と出会わせていただいて。だから僕は、この仕事にとっても使命を感じているんです」

 だが、以前は役者の世界にはまったく興味がなかったという。

「故郷の沖縄から東京に出て来て、ずっと保育園の先生をやっていたんです。頭で考えず、思ったところに走っていく子供の感覚、大好きなんです。自転車で200日間をかけて、日本一周もしました。大阪にある岡本太郎さんの「太陽の塔」にも、もちろん行った。小さい頃からなぜか僕は太陽が大好きで、〝大きくなったら、太陽になる〟と言っていたくらい(笑)」

 役者を志すきっかけとなったのも、実は太陽だったという。

「自転車の旅が残り一週間くらいになった時、仙台で見た朝日に突然、血が燃えたぎり、“何かわからないけど、表現がしたい!”って。血管が出してくれた指令というか。あの太陽が今の僕につながる始まりだったんです」

(取材・文=河村道子 写真=かくたみほ)
 

満島真之介

みつしま・しんのすけ●1989年、沖縄県生まれ。2010年、舞台『おそるべき親たち』で俳優デビュー。12年公開の映画『11.25自決の日~三島由紀夫と若者たち』では、報知映画賞新人賞をはじめ、数々の賞を受賞。出演作に連続テレビ小説『梅ちゃん先生』など多数。10月12日(土)からは、映画『おしん』の公開も控えている。
ヘアメイク=戸田和樹 スタイリング=檜垣健太郎 衣装協力=シャツ2万5200円(コミューン ドゥ パリ/ワンダーラスト・ディストリビューション TEL03-3797-0997)、パンツ6万3000円(ニール・バレット/アオイ TEL03-3239-0341)

 

自分の中に毒を持て書影

紙『自分の中に毒を持て あなたは“常識人間”を捨てられるか』

岡本太郎 青春文庫 490円

集団に馴染むために、個性を殺すな。ひとりひとりが自分の思いを爆発させなければ、世界はつまらなくなる――いつも興奮と歓喜に満ちた自分でいられるために、著者が残していったメッセージは叱咤激励の連続だ。みずからの人生を語りつつ、己と闘いながら生きることを説く、著者の魂に触れることのできる一冊。

満島真之介さんの本にまつわる詳しいエピソードは
ダ・ヴィンチ11月号の巻頭記事『あの人と本の話』を要チェック!

 

映画『風俗行ったら人生変わったwww』

監督・脚本・編集/飯塚 健 原案/@遼太郎「風俗行ったら人生変わったwww」出演/満島真之介、佐々木 希、松坂桃李 配給/セディックインターナショナル、電通 11月9日(土)109シネマズほかでロードショー。11月6日(水)より「1000takuシステム」でプレミアム先行配信開始。
●29歳の童貞男・遼太郎が恋をした。相手は風俗嬢・かよ。ネット住民たちが応援するなか、見えてきたのは、かよの訳アリ過去……。新感覚純愛ラブストーリー!
(c) 2013「風俗行ったら人生変わったwww」製作委員会