Cover Model 岡田准一 2014年1月号

Cover Model 紹介

2013/12/6

Cover Model 岡田准一 2014年1月号

Cover Model 岡田准一
惚れられる人じゃなければいけなかった

冲方丁の本屋大賞受賞作『天地明察』、
有川浩のベストセラーシリーズ『図書館戦争』、
葉室麟の直木賞受賞作『蜩ノ記』(2014年公開予定)……。
岡田准一はこの2年あまり、小説の実写映画化作品への主演が相次いだ。

12月21日公開の映画『永遠の0』は、百田尚樹のベストセラー小説が原作だ。
演じたのは、零戦の特攻で亡くなった宮部久蔵。
終戦60年目の夏、孫の健太郎(三浦春馬)は、実の祖父の人生を調べ始める。
「奴は海軍航空隊一の臆病者だった」。証言者によって異なる、彼の肖像。
「生きて帰りたい」が口癖の天才パイロットは、なぜ特攻を志願したのか――。

「ハードルの高い役でした」と岡田は言う。
「宮部久蔵は、見た目がどうこうではなく、
〝人として惚れる〞という基準でかっこいい男だと思うんです。
女性だけではなく、いろんな方々に〝惚れられる〞キャラクターを
演じなければいけない。
そこが成立しなければ、映画自体が成立しませんからね(苦笑)」

台本上は「優しく」と指示のあったセリフを、
厳しい顔で叫んだシーンもある。
「……」としか書かれていなかったシーンを、
「糸が切れる瞬間」と解釈して涙をぽろっとこぼしたりもした。
「相手が一生、忘れられなくなる言葉の伝え方とは?」。
事前の計算はほとんどなかったそうだ。
その時代の、その場所に、その人として生きることを、
現場でただひたすら実行した。

「実際の搭乗員の方、戦争経験者の方々に納得していただけるものを
という意識も強かったです。
それもまた僕らの責務だと思っていたから、撮影中も寝れなかったし、
重たいものを背負っている感覚はずっとありました。
この時代って、近いようで遠いんですよ。
偏らずに、ニュートラルに見つめていかなければいけない時代だと思う。
この映画が〝偏らずに知る〞きっかけになれたなら、
役目を果たせたことになるのかもしれない。
百田さんの原作も、その部分を大事にしていると思うんですよ」

そんな岡田准一さんが選んだ本は——
『対訳 五輪書』
対訳 五輪書
宮本武蔵/著 ウィリアム・スコット・ウィルソン/英訳
松本道弘/現代語訳 講談社 1890円

勝つことが全てである──。「地之巻」「水之巻」「火の巻」「風之巻」「空の巻」の全5巻構成で、晩年の宮本武蔵が自ら記した兵法の書。勝つために何よりも大事なことは? 日々の鍛練だ。「千日の稽古を鍛とし、万日の稽古を練とす、能々、吟味有べきもの也」。英訳者による序文、現代語訳者による解説も収録されている。
「毎年、正月に読み返しています。もう10年以上続けてますね。剣術の本ではあるんですが、実は技術的なことはあまり書いてないんです。心のあり方を教えてくれる本なんです」(岡田准一 談)