『ラブライブ!』、『ジョジョ』だけじゃない! 制作陣に注目して選んだ春アニメ10作!

アニメ部

2014/3/28

名残惜しくも冬アニメは次々と最終回を迎え、春の新作アニメがいよいよ放送間近。期待が膨らむところだが、春の新作の放送本数はなんと総計50タイトル以上。第1話をチェックするのもひと苦労で、アニメファンにとっては嬉しくも悩ましい季節。

今回はそんな数多い春の新作アニメから、監督や脚本家などの制作スタッフに注目して、期待度の高い10作品をピックアップ。そのクリエイターの過去の作品を思い出して、来期の視聴タイトルを決める参考にしていただければ幸いだ。

ソウルイーターノット!



月刊少年ガンガン連載の同名漫画を原作として、2008年に制作されたアニメ『ソウルイーター』の外伝作品。前作はボンズ制作ならではのクールなバトルアクションが魅力だったが、本作はそれに加えて楽しい学園生活にもクローズアップ。主役は死武専(死神武器職人専門学校)の新入生である3人の少女で、声優陣は初主演の千菅春香を始め、悠木碧、早見沙織といったフレッシュな顔ぶれ。『TARI TARI』の橋本昌和監督らしい、かしましい女の子たちの学園青春が楽しめそう。

キャプテン・アース



監督に五十嵐卓哉、シリーズ構成に榎戸洋司、制作はボンズと『STAR DRIVER 輝きのタクト』のスタッフが再結集したオリジナルロボットアニメ。星々が輝く夏の夜空、宇宙ロケットのそびえる種子島といったビジュアルが、爽やかな青春ドラマを期待させるが、このスタッフなのだから一筋縄ではいかないはず。複雑巧緻な榎戸洋司脚本が、青春群像と王道ロボットSFを今一度どうマッチングさせるのか、目が離せない一作になりそうだ。

健全ロボ ダイミダラー



某愛生会病院にリスペクトを捧げた公式サイトも眩しい、色モノ系ロボットアニメ。女の子にエッチなことをすると動く巨大ロボットというアイデアを軸に、お馬鹿なエロコメと熱血ロボバトルが巧みに融合。柳沢テツヤ監督以下、『ハイスクールD×D』のスタッフが再挑戦する、徹底してやんちゃな男の子アニメとなっている。原作漫画も含めて、健全な男子なら要チェックの1本。

魔法科高校の劣等生



ネット小説発の大人気ライトノベルが満を持してのアニメ化。『咲-Saki-』シリーズの小野学監督をはじめ、盤石のスタッフ陣で映像のクオリティは保証済み。緻密に作り込まれた魔法バトルが作品の要だが、もうひとつの見どころは主人公・司波達也とその妹・司波深雪の兄妹関係。早見沙織のブラコン妹という個人的にご褒美すぎるキャラクターに、放送前から胸が躍りっぱなしです!

悪魔のリドル



『機動戦士ガンダム00』キャラクター原案や『LOVELESS』で知られる、高河ゆん原作の学園ダークアクションマンガがアニメ化。近作では『幻影ヲ駆ケル太陽』が印象深く、『艦隊これくしょん -艦これ-』でも船頭に立つ草川啓造が監督を担当する。脚本では『ラストエグザイル-銀翼のファム-』以来のシリーズ構成となる実力派・吉村清子が辣腕をふるい、暗殺者の少女たちが繰り広げる暗黒青春劇を魅力的に表現してくれること間違いなしだ。

デート・ア・ライブII



絶大な力を持つ人類の敵・精霊を、デートしてデレさせて無力化するという奇想にびっくりのSFラブコメ。ライトノベル原作らしい、個性豊かなヒロインたちが繰り広げるコメディと、ケレン味あふれる大スケールバトルで、1粒で2度美味しい。1期に続いて監督は元永慶太郎、シリーズ構成は白根秀樹で、ギャグとシリアスの両方が得意なスタッフ陣のバランスコントロールも完璧だ。よりパワーアップした第2期が待ち遠しくてたまらない!

エスカ&ロジーのアトリエ



1997年の『マリーのアトリエ』から続くガストのゲームシリーズ、『アトリエ』シリーズが初のアニメ化。母から習った錬金術で人の役に立ちたいと頑張る少女・エスカを中心に、人々との暖かな交流が描かれるファンタジーだ。キャラの心情を丁寧に追うハートフルなドラマは、『ゼロの使い魔』や『ミス・モノクローム』を手がけた岩崎良明監督が得意とするところ。原作ファンもアニメファンも満足のデキになることうけあいである。

ブレイドアンドソウル



中韓で人気を博すMMORPGをGONZO制作でアニメ化。復讐に燃える女剣士アルカをはじめ、オリエンタルかつセクシーな女武人たちが活躍する、アダルトな武侠ファンタジーだ。『TEXHNOLYZE』や『STEINS;GATE』の監督を経た浜崎博嗣と、『モーレツ宇宙海賊』のキャラデザインなどを手がけた竹内浩志がダブル監督で、原作の爽快なアクション性と世界観を再現。大迫力のハードなバトル描写に期待が高まるところ。

金色のコルダ Blue Sky



音楽コンクール優勝を目指すヴァイオリン奏者の少女が、12人の男子生徒と織りなす学園ロマンス。原作はコーエーから発売されている女性向け恋愛シミュレーションゲームシリーズの最新作で、前作『金色のコルダ』も2006年にアニメ化済み。音楽を題材としたドラマティックなストーリーが秀逸で、前作の於地紘仁監督が総監督を受け持つ本作も、前作と同じく女性も男性も楽しめる良作になりそうだ。

神々の悪戯



原作はブロッコリー、シリーズ構成は金春智子、音楽はElements Gardenと、大ヒット作『うたの☆プリンスさまっ♪』の布陣で臨む、女性向け恋愛アドベンチャーゲームのアニメ化。アポロン、ロキ、ディオニュソスといった神話のイケメン神様たちとの学園恋愛なんて、聞いただけでもう女子も男子もトキメキもの! 予測のつかない神話級ラブロマンス、問答無用でチェックすべき期待作ではないだろうか。

来期はほかにも『ジョジョの奇妙な冒険』や『ラブライブ!』といった、話題性の面でもスタッフ面でもビッグなタイトルが目白押し。少しでも多くの作品をチェックして、今年も充実した春のアニメライフを過ごそう!

(文=寺田龍太)

(C)2014 大久保篤/スクウェアエニックス・ソウルイーター」ノット!製作委員会
(C)BONES/CAPTAIN EARTH COMMITTEE,MBS
(C)なかま亜咲・eb刊/ペンギン帝国
(C)2013 佐島 勤/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/魔法科高校製作委員会
(C)高河ゆん・南方純/KADOKAWA刊/「悪魔のリドル」製作委員会
(C)2014橘公司・つなこ/KADOKAWA富士見書房刊/「デート・ア・ライブⅡ」製作委員会
(C)GUST CO.,LTD.2013 All rights reserved.
(C)NCSOFT・Blade&Soulアニメ製作委員会 
(C)星奏学院オーケストラ部
(C)BROCCOLI/神あそ製作委員会