“永遠の33歳”が34歳になった時、探偵生命をかけた謎の扉が開き出す【内田康夫インタビュー】

新刊著者インタビュー

2014/8/6

 衝撃のニュースが浅見光彦ファンの間を駆け巡ったのは2010年秋のことだった。“浅見光彦最後の事件”の執筆を始めた──内田康夫さんからのコメントは読者を仰天させた。“えーっ! シリーズ、終わっちゃうの!?”。さらにその作品では“永遠の33歳”浅見が34歳になる、と。“それって一体!?”。 内田康夫 うちだ・やすお●1... 続きを読む