【i☆Ris連続インタビュー第3回】『プリパラ』らぁら役、茜屋日海夏さんの過去、現在、そして未来に迫る!!

アニメ部

2015/4/7

 3回にわたってお送りしてきた声優アイドルユニットのi☆Risへの連続インタビュー企画も、今回で最終回。ラストは、メンバー全員が出演する『プリパラ』で主人公の真中らぁら役を演じる茜屋日海夏さんに色々と伺いながら、特技であるイラストも描いて頂きました。最後にプレゼントもありますよ!

茜屋日さんのこれまで

――アイドルや声優を目指し始めたきっかけは?

茜屋:昔から歌やお芝居をしたいとは思っていました。ただ、まず歌手を目指そうと自分で歌って録音したものを聴いたところ、自分の歌声がすごく嫌で……絢香さんみたいな太くてかっこいい声に憧れているのに「全然違うじゃん!」って。そのころ友達から声優というお仕事を教えてもらって、そちらも目指し始めました。

――アニメは観られていましたか?

茜屋:小さいころは好きで観ていました。『明日のナージャ』とか『カードキャプターさくら』……特に『おジャ魔女どれみ』は好きで、i☆Risのアニソンカバーアルバムでも歌わせて頂いて。ただ『デジモンアドベンチャー』や『クラッシュギア』みたいな、男の子向けのアニメも大好きでした。

――本はいかがでしょう?

茜屋:一時期ミステリー小説はすごく好きでした。なかでも『心霊探偵八雲』という作品が、アニメから入ったのですが図書館で原作を借りてきたらもう面白くって。夜中12時から読み始めて気付いたら朝だったということは何度もありました。

――スポーツはしていましたか?

茜屋:バレーボールやソフトテニスをしていました。長距離走も得意で、今でもたまに体力作りのために走っていますね。ダンスのためにも筋トレはずっと継続しています。

――アクティブですね。では今されているダンスはどうでしょう?

茜屋:好きですよ。メンバーみんな楽しんでやっています。

――ダンスの話も出たので『プリパラ』について伺います。ここで最初のイラストをお願いします。1年出演してきて、一番印象に残っているシーンを描いてください。

茜屋:パッと思いついたのが初めて『Realize!』を歌ったシーン(第25話「クリスマスプレゼントフォーユー!」)ですけど、すごい大変なことになりそう(笑)

茜屋:キャラソンバージョンですけど、初めて6人揃って歌ったので、もう最高でしたね!

声優アイドルとして、そして等身大の茜屋さん

――その『プリパラ』には声優アイドルユニットのi☆Risメンバー全員で出演していますが、これまでで一番楽しかったことは?

茜屋:最近の話ですが、2周年ライブを六本木ブルーシアターでやらせて頂きました。あんなに多くのお客さんが入る会場でi☆Risとしてライブをするのが初めてだったのでどうなるか不安もありましたが、ステージに立つと、たくさんの色んな色のサイリウムが待ってくれていて……心からうれしかったですし、楽しかったです。

――大きいステージと言えば、アニメロサマーライブや昨年末のプリパラ&プリティーリズム クリスマス☆パーティーなども経験されました。

茜屋:ああいった場に出られるのはありがたいです。でもやはり緊張しましたね。特にクリスマスイベントの時は、『プリティーリズム』の先輩方もいらっしゃいましたし、ファンもすごく多かったですし。内容もアニメと同じものを再現するというi☆Risならではのものでしたしね。

――メイキングドラマで中央ステージがせり上がる演出はすごかったです。

茜屋:リハーサル時はすごく怖くて、ビビっていました(笑)。でも本番を迎えたら全然怖くなくて、すごく楽しかったです。

――逆に大変だったことは?

茜屋:受験と並行しながら活動していたころです。勉強もしなきゃいけど、でも好きな仕事ももっとやりたいし……と、やりたいことが多過ぎて自分の中で整理しきれず、すごく大変でした。今は大学のほうも調整してもらいながら仕事もやって、どちらも両立できています。

――お忙しいと思いますが、今、やりたいことはありますか?

茜屋:この春休みは自炊をもっと頑張りたいです。中学のころに一時期、家族の分の料理を自分が作っていたのですが、今回は本格的にやりたいなと。

――得意料理は?

茜屋:ビーフシチューです。ちゃんと肉をワインに漬けたりローリエという葉っぱを使ったり、本格的なものですよ!

――最近ハマっている趣味はありますか?

茜屋:ゲーム実況を観ることですね。自分で言うのもあれなんですけど、私、結構ゲーマーで『バイオハザード』シリーズがすっごく好きなんです。とにかくゾンビがかわいくって、プレイし過ぎちゃいますね。

――好きな実況者は?

茜屋:最終兵器俺達のキヨさんです。滅茶苦茶面白くて「こんな喋りができる人がいるんだー!」と驚きました。秘かにTwitterでフォローさせてもらったらフォローも頂けて、いつか機会があったらお会いしてみたいです(笑)

――先ほどの描くスピードを見ると、今もかなりイラストは描いていらっしゃるようですね。

茜屋:今も家で描いています。小学校のころはマンガ家を目指して描いていたくらいで、恥ずかしいですけど、かつてはインターネットにアップしたこともあります(笑)。今はもう検索しても出てこないはずですけど。

――ではここで2枚目のイラストをお願いします。茜屋さんが声優として演じてみたいキャラクターを描いてください。

茜屋:描きました……これは寡黙な男の子なんですけど、口を開くと毒舌で。髪の毛がちょっとクルクルと癖っ毛っぽくて……って恥ずかしい!

――ちなみに名前は?

茜屋:えーっと、ユキトとか……? 某作品のパクリじゃないかって感じですけど(笑)

――男性キャラクターも演じたいんですね。らぁらのイメージが強いので意外です。どんな声でしょう?

茜屋:「愚民どもが……!」(冷たい感じの声)って感じでしょうか。いや、らぁらちゃんは絶対にこんなこと言わないですよ!

“天才馬鹿”? 茜屋さんによるi☆Risメンバー評

――お好きなアイドルや憧れているアイドルを描いてください。

茜屋:任せてください!(※編注:ここで描いて頂いていますが、どんなイラストかは記事末尾のプレゼントでご確認を!)本当にザックリですが、モーニング娘。’15のエースとして活躍している鞘師里保ちゃんです。彼女はすごく小さいころから広島のアクターズスクールに通っていて、歌も上手くてダンスもバリバリできて! もう大好きで振りコピとかも勝手にさせてもらっていて(笑)、私の中ではアイドルと言ったら彼女です。

――お会いしたことはありますか?

茜屋:それがないんですよ~。一度でいいからお会いしてみたいですね。彼女のほうが年下ですけど、すごいかっこよくて憧れます。

――続いて、i☆Risのほかのメンバーをひと言で表してください。

茜屋:まず山北早紀ちゃんは「天然」。芹澤優ちゃんは「努力家」。若井友希ちゃんは「子供」。久保田未夢は「かわいいけど腹黒」(笑)! 最後に澁谷梓希ちゃんは「お母さん」でしょうか。

――そんな中、ご自身はどういうポジションだと思いますか?

茜屋:周りからは「天才馬鹿」という風によく言われます。どっちなんでしょう。

――メンバー内での一番の思い出は?

茜屋:1回だけではなく何回もある話なのですが……大きい仕事があるたびに、優ちゃんがLINEで応援メッセージを送ってくれるんです。ときには長文もあって。

――マメなんですね。

茜屋:普段はわりとサバサバしているから、あまりそうは見えないんですけど(笑)、結構心配してくれて本当に励まされます。

――では最後のイラストです。「5年後こうなっていたい自分」を描いてください。

茜屋:5年後だと25、6歳ですね。

茜屋:キャリアウーマンとしてバリバリ働きたいです。ただ、やはりお芝居も好きなので、5年後も続けていきたいですね。すごいドレスを着て、レッドカーペットの上を歩いているくらいの勢いで……言い過ぎたかな(笑)

茜屋さん、ありがとうございました! さてi☆Risメンバーへの連続インタビューも今回で最後ということで、ここでプレゼント! 今回、茜屋さんに描いて頂いたイラスト入りのサイン色紙を4名様にプレゼントします。応募方法は下記より。奮って応募ください!

<茜屋さんのサイン入り色紙の応募はこちら
※携帯・スマートフォンよりアクセス下さい。

i☆Ris最新情報

・1stアルバム『We are i☆Ris!!!』
2015年4月8日発売
[CD+DVD] ¥5,238(税込)※DVDに「2nd Anniversary Live~Dream Evolution~」を収録
[CD+DVD] ¥5,238(税込)※DVDに「2014/3/30 新宿BLAZE STEP INTO THE RAINBOW(一部収録)+Off Shot Movie」を収録
[CDアルバム] ¥3,510(税込)

・i☆Ris 1st Live Tour 2015 ~We are i☆Ris!!!~
2015年4月18日(土)大阪・Music Club JANUS
2015年4月19日(日)愛知・JAMMIN’
2015年4月25日(土)福岡・IMSホール
2015年5月5日(火)北海道・札幌club garden
2015年5月24日(日)東京・ZEPP TOKYO

取材・文=はるのおと、撮影=長谷川智紀