「高橋未奈美」声優インタビュー&撮り下ろしグラビア【声優図鑑】

アニメ部

2015/4/17

これからの活躍が期待される声優に、声優を目指したきっかけや、初めてのお仕事、そしてプライベートなことまで、気になるあれこれについてインタビューを行い、さらに撮り下ろしのミニグラビアも交えて紹介する人気企画「声優図鑑」。

第59回となる今回は、TVアニメ「食戟のソーマ」の田所恵役、「ミカグラ学園組曲」の離宮ルミナ役、「アイドルマスター ミリオンライブ!」の馬場このみ役などを演じる高橋未奈美さんです。


――「週刊少年ジャンプ」で連載中の「食戟のソーマ」のTVアニメがいよいよ始まりましたね。田所恵役はオーディションで決まったのですか?

高橋 じつは、最初は別のキャラクターで受けていたんですけど、スタッフさんから「恵ちゃん役も受けてみる?」ってお誘いをいただいて。ありがたいことに、縁があったのかもしれません。恵ちゃんは東北出身なんですけど、私は両親が東北出身で! そんなところにも縁を感じています。

――恵ちゃんってどんな女の子ですか?

高橋 とっても頑張り屋さんで、まっすぐに料理と向き合っている子です。力を持っているのに緊張のせいで出せなくて、自分はだめだって思っちゃってる子で。私もだめだめなことがいっぱいあるので、自分はだめだと思っている恵ちゃんが、頑張ろうと思っているのにうまくできなくて、また落ち込む…っていう気持ちがすごく分かるんです。

――応援したいキャラクターになりそうですね!

高橋 私もマンガ原作を読んだときに応援したいなって思っていた子だったので、決まったときはうれしくて! 私自身も恵ちゃんを応援するような気持ちで命を吹き込んでいきたいなと。

――マンガ原作では、かなり話は進んでいるんですよね。

高橋 そうなんです。だから、恵ちゃんが成長した先のことも知ってるんですけど、気持ちを戻して演じています。恵ちゃんは素敵な女の子なので、そのことをみなさんに知っていただきたいし、私も恵ちゃんと一緒に歩んで、最終的には、みなさんに認められるような人になれたらいいな〜と思います!


――ホームページでは一部公開されていますが、ご飯の美味しそうな映像もたまりませんね。

高橋 深夜の飯テロアニメです(笑)! 美人すぎる料理研究家の森崎友紀先生が料理の監修をされていて、調理しているところをアニメに起こしてるんですよ。収録のときはまだ絵がないんですけど、主人公の創真くん(CV:松岡禎丞)が「食材に○○を入れて、おあがりよ」って話すのを聞いてたら、どんどん想像できるじゃないですか。お腹が鳴るのを抑えるのが大変で(笑)。他のみなさんのお腹も鳴ってます(笑)。

――収録現場はどんな感じですか?

高橋 もう優しい人しかいなくって。松岡さんや種田(梨沙)さんは、学園モノならではの雰囲気づくりをしてくださっているし、茅野(愛衣)さんは優しく声をかけてくださるし。櫻井(孝宏)さんはすごく現場を引っ張ってくださる方で、一色慧役っていう個性が立ったキャラクターを、アニメだからこそ出来る表現で演じられていて、それを観て私も頑張りたい! って思います。

大西沙織ちゃんは、声優を始めたばっかりのころからモブ役などでご一緒してたんですけど、そういう仲間とこうして共演できるのはうれしいことですね。なかなかみなさん忙しいので、ご飯とかには行けないんですけど…。あ、でもこの前、銀河万丈さんをご飯にお誘いしたんです!

――ぎ、銀河さんをですか!?

高橋 あ、でも、スタッフのみなさんを含めてご飯を食べる機会があって、ダメモトで「ご飯どうですか」とお誘いしたんです。

――なかなか積極的ですね(笑)

高橋 もともと収録現場では、よくお話してたんですよ。私がくだらないことでお声掛けしたのがきっかけで。差し入れのお菓子をチョコレートだと思って食べたら、中身がチーズケーキだったときに、「チョコレートもあるみたいですよ」って万丈さんが優しく教えてくださって。それから大好きになっちゃって、現場に行くたびに万丈さん、万丈さん、って話しかけちゃうんですよ(笑)。

万丈さんのお話やお芝居を生で聞けるのはすばらしい機会ですし、言葉の重みが違いますし、本当におしゃれで紳士な方で! 現場でご一緒させていただけているのが幸せです!…でも嬉しくてワチャワチャしすぎないように気をつけます!(笑)

――いえ、銀河さんも楽しんでいらっしゃることと思います(笑)。長く続く作品になるといいですね。

高橋 原作もまだまだ続いていますし、長く続けていけたら本当に幸せです!原作の附田(祐斗)先生も現場によく来てくださって。「僕たちの悪ふざけにつきあわせてしまってすみません」って(笑)、すごくおもしろい方なんです。私、最初は出番がなかったんですけど、スタッフさんにお願いして最初から現場を見させていただいて。収録は本当に楽しいので、仕上がりをみなさんにもぜひ観てほしいです。



――他の作品のこともお伺いしますね。みーなさんといえば、最近はアイドル活動も多い印象があります。

高橋 アイカツもアイマスもスタプラもアイドル作品で、縁があるようです。あ、私自身の中身は本当にアイドル? って感じなんですけど…! アイマスとかは特に、舞台に立ってプロデューサーさんたちのお顔を見ていると、背中がシャンとするというか。みなさんがキラキラした目で見てくださるので、アイドルとしてそこに立っていられる感じですね。

――「アイドルマスター ミリオンライブ!」は関連イベントも多いですが、今までに印象的だったのは?

高橋 この前、LTHという新しいユニットで「水中キャンディ」という曲を歌わせていただいたときに、泣いているファンの方がいらっしゃったのが印象的でした。とても切なくて、私も大好きな曲なんです。それを見たときに私も泣きそうになっちゃって、でも、今は泣く場所じゃないなって。それだけ作品やキャラクターのことを愛してくださるってすごいことだと思います。この作品を作り上げてきた先輩方に感謝しなきゃいけないなと。

――セハガールとしても活躍の場は多いですね。

高橋 イベントに出る機会が増えたのは、セハガールからだと思います。アニメ「Hi☆sCoool!セハガール」のエンディングテーマになった「若い力-SEGA HARD GiRLS MIX-」は本当に楽しい曲で。この前のワンフェスでは、セガ社員さんがたくさんいらっしゃる中で、社員さんも一緒になってコール&レスポンスをしてくださって(笑)。

アニメのほうも、セガファンならわかるネタが多くて。ドリームキャスト(CV:M・A・O)ちゃんが登場シーンで必ずコケるのは、最初は作品が売れなかったという意味だし、「バーチャファイター」が昔のポリゴンを使っているので「ちょっとカクカクすぎない?」って言ってみたりとか、コアなおもしろいネタがいっぱいなんです。


――ちなみに、プライベートで集めている物や趣味はありますか?

高橋:黒猫ちゃんを飼っているので、猫グッズはつい集めちゃいます。あと電化製品が好きです! 電気屋さんによくひとりで行きます。最近だと、部屋の中に置ける加湿器を買いました。あと、顔にシュッシュッてできる持ち歩きの加湿器があるんですよ。喉を潤すことができるので、虎視眈々と狙ってます(笑)。

――他にもありますか?

高橋 電車や飛行機を見るのが好きで、よくお父さんと一緒に羽田空港に飛行機を見に行ってます! 羽田空港、楽しいですよね。もともと生まれたのが、セガさんの本社もある大田区だったので、馴染みがあって飛行機が好きになったのかも。

――電車のほうは?

高橋 各駅停車に乗るのが好きです。いろんな人が乗ったり降りたりするじゃないですか。それによって電車の景色が変わるのが楽しい。いちばん遠くまで行ったのが、お父さんの実家の秋田です。ひとりでゆったりした電車に乗って。私、都市伝説だと思ってたんですけど、隣のおばさまが「食べる?」ってみかんをくれたんです(笑)。

――都市伝説じゃなかった(笑)

高橋 あと、ドイツにひとりで旅行に行ったときは、ローテンブルクという町で、隣に乗ったおじさまが「ちっちゃいのに、どうしたんだ、ひとりか」って声をかけてくれて。次の電車が来るまでの2時間くらい、町を案内してくれました。おもしろい雑貨屋さんにも連れていってくれて。でも、お土産を買わせてくれないんですよ(笑)。テディベアを買おうと思ったら、「高いからやめろ」って(笑)。そういう出会いは楽しいですね。


――万丈さんのお話のときも思いましたが、やっぱり積極的ですね(笑)

高橋 基本的に人見知りなんですけどね。旅行をすると、初めての方との出会いを楽しめるみたいです。

――では、声優として、これから頑張っていきたいことは?

高橋 キャラクターに命を吹き込むお仕事って、選ばれて初めてできることなので、高橋がいいな、と思ってもらえる声優になりたいです。やっぱり、第一線で活躍されている方たちのお芝居って、つい聴いちゃうし、感動しちゃうし、心があったかくなる。そういう表現をできるようになりたいです。…お話するのって、難しいですね(笑)。ちゃんと気持ちを伝えられていたら、うれしいです!


――ありがとうございました!

次回の「声優図鑑」をお楽しみに!

高橋未奈美

・高橋未奈美(俳協)
http://haikyo.co.jp/profile/profile.php?ActorID=12532

・高橋未奈美 Twitter
https://twitter.com/miiiiiina_cat

◆撮影協力
magic tone studio(マジックトーンスタジオ)

(取材・文=麻布たぬ、撮影=山本哲也、制作・キャスティング=吉村尚紀