「野村真悠華」声優インタビュー&撮り下ろしグラビア【声優図鑑】

アニメ部

2015/7/24






――そして、2013年に第一作、今年4月に続編が発売されたゲーム「XBLAZE(エクスブレイズ)」シリーズのEs(エス)役も、人気のキャラクターでした!

野村:Esは感情がよくわからないという無表情のキャラです。そのあたりは「モンスター娘」のスーちゃんと似てるんですけど。色んな人達と接していくうちに、すこしずつ大切なものを見つけて成長していくという。

――2013年の「XBLAZE CODE:EMBRYO」が発売されたころ、WEBラジオ「ぶるらじH(はいぱー)」にゲスト出演されて。そのときの様子が今も語り継がれているという…。

野村:(笑)。あの回が放送された日に、Yahoo!の検索ワード上位に入るっていう、よくわからないことが起こりまして(笑)。何人かの友だちから「何か、しでかしたの?」って連絡を受けました。初めてのラジオで最初は緊張してたんですけど、杉田(智和)さんの一言で思わずポロッと本音が出ちゃって、そこから暴走が始まりました(笑)。ふだんブログやツイッターをしていないので、素の自分を出したのは初めてでした。

――一問一答の回答が話題になっていましたね。好きなタイプが…。

野村:「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」のレイ・ザ・バレルです! 初めて彼を見た瞬間から恋に落ちました。まずは見た目ですね、金髪・長髪・ちょっとクールっていうところがほんとによくて。それでまた声が関俊彦さんというところがまた…。もう本当にかっこよくて、そのすべてに惹かれてしまいました…。

――クールなキャラクターがタイプなんですか?

野村:そうですねえ。私、Mなので、ちょっと冷たくされたい願望が…(笑)。

――(笑)。他にも好きなキャラは?

野村:同じような時期に好きだったのは、「金色のコルダ」の柚木梓馬です。彼は同じ長髪でも、ムラサキの長髪で。フルートを吹いているんですけど、もうほんっとに柚木のフルートになりたかったです(笑)。柚木のフルートになって奏でられるのが当時の夢でした(笑)!

――フルートそのものに(笑)。そういえば、レイ・ザ・バレルもピアノを弾いていますよね。

野村:そうなんです。楽器を弾ける男子っていうのはかっこいいですね(笑)。しかもクラシックっていうところが知的で。レイのピアノとか、レイのガンダムになりたいとも思ってました(笑)。

【次のページ】声優を志すきっかけとは?