「八代拓」声優インタビュー&撮り下ろしグラビア【声優図鑑】

アニメ部

2015/8/4


――5月2日に開催されたCD発売記念イベントでは、楽曲を初披露!

八代:すごくアットホームなイベントでした。プロデューサーの方々が目の前にいて、みんな僕らのほうを見てくれているという。僕らのカラーのサイリウムを振ってくれたりとか。その情景に感動しちゃって…ずっと夢見ごこちでした。

――12月6日には、「アイドルマスター SideM」としてのファーストライブも!

八代:僕らの先輩にあたるJupiterのみなさんと一緒のステージに立つことは、僕ら自身はもちろん、プロデューサーの方も待ち望んでくださっていることだと思うので、本当に気持ちが高まっています。JupiterがいなかったらSideMは成り立っていないと思いますし、ドラマCDもみなさんと一緒に収録させていただいたので。楽しみですね。

――今度はDRAMATIC STARSも先輩の立場になりますね。

八代:僕らのキャスト発表のときは、ニコ生でJupiterのみなさんが僕らを紹介してくれたんですが、その3カ月後、僕らがJupiterと同じ立場となって新ユニットを紹介することに。こういう段階にきているんだなと感じました。

――これからどんどん大きくなっていくSideMに、初期から関わっているわけで。そのことに対する喜びなどは、あったりしますか?

八代:それはすごくあります。ゲームやドラマCDはもちろん、ラジオやニコ生にも出演させていただいているし、スタッフさんとも密に接することができて、SideMの中心にいるなって実感できることが本当に嬉しいですね。

――いろんな経験を経て、柏木くんへの愛情が増すことも?

八代:柏木翼のことがどんどん分かってきている実感は大きいです。最初は、いつも笑っているなとか、こういうことで落ち込むんだとか、どういう子なのか探りながら演じていたけど、今はもう柏木翼という存在が自分の中にいる感覚が強くなって。それもやっぱり、SideMとして活動の場を多く提供していただいているからだと思います。

――「アイドルマスター SideM」を知らない人にも、注目点を教えてください!

八代:「わけあってアイドル」というのがキャッチコピーで、キャラクターがみんなワケありなんですよ。だから、全員個性的だし、それぞれ異なる魅力があります。ユニットだけでなく、ユニットを越えたストーリーもありますし。女性はもちろん、男性の方も好きなキャラクターを見つけてくださっているみたいなので、ぜひぜひ興味を持っていただけたらと思います!





【次のページ】「多いときは、1日6食くらい食べてます(笑)」