「古賀葵」声優インタビュー&撮り下ろしグラビア【声優図鑑】

アニメ部

2015/9/16

古賀葵

編集部が注目する声優に目指したきっかけや印象的なお仕事、そしてプライベートまで、気になるあれこれについてインタビューを行い、さらに撮り下ろしのグラビアも交えて紹介する人気企画「声優図鑑」。

第83回となる今回は、テレビアニメ「六花の勇者」やゲーム「ブレイブリーセカンド」などに出演している古賀葵さんです。

――今年4月から81プロデュースに所属して、最近はテレビアニメ「六花の勇者」などに出演されていますね。

古賀:「六花の勇者」では「女」役で魔物のもとから逃げて来た村人でした。所属してから初めてクレジットに名前が出た役だったので、とても緊張しながらオンエアを見たことを覚えています。ゲーム「ブレイブリーセカンド」や、アプリ「封印勇者!マイン島と空の迷宮」のマギア役の声も担当しています。

――Twitterを始めたのも所属した頃。始めた理由は?

古賀:所属になった年に何か新しいことを始めたかったんです。自分のことをいろんな方に知っていただきたかったし、「もっと頑張らなきゃ!」っていうやる気にもつながるかなと思って。

――何カ月か続けてみてどうですか?

古賀:まだレギュラー出演作はありませんが、ちゃんと見てくださる方もいらっしゃって。ひとつひとつのツイートに反応してリプライをくださったり、事務所にお手紙をくださったりして、本当にありがたいなと思っています。実際に始めるまではわからなかったけど、そうやって応援してくださる方々の言葉が自分にどれだけ力を与えてくれるのかっていうのを本当に実感しています。

――Twitterの背景画像がいい感じで! どこかの海ですか?

古賀:地元の佐賀で、両親と一緒にドライブに行ったときの写真です。実家は360度、山に囲まれたところにあるんですけど、その山を越えると海に出るんです。父は、小さい頃から海とか公園とか、いろんなところに連れていってくれるんです。実家に帰ったときも、いつも一緒に海に行きます。

古賀葵

――7月、8月は「がっきであそぼう♪/がっきをつくろう♪」というイベントに「うたのおねえさん」として出演していましたが、ステージはどうでしたか?

古賀:子供向けのイベントだったのですが、今まで小さなお子さん達とちゃんと触れ合う機会がそんなになかったんです。だからとても楽しみな反面、何かトラブルがあった時にちゃんと対応出来るか少し不安でもあり、色んな気持ちが混ざってすごくドキドキしてました!でも、いざ楽器で遊んでる子供達のところに行って一緒にお気に入りの楽器を選んだり、ステージに立って「みんなおいで〜!」って言うとニコニコしながら上がってきてくれたり、一生懸命私の真似をしながら手遊びしてくれたり、もう本当にみんなかわいくて。私が楽しいって感じてる気持ちが子供達にも伝わってるんだなって思いました。このイベントを通して子供がより好きになれたし、年齢によって興味を持つところが違うから、接し方を少し変えたり、話し方とかたくさん勉強になりました。こういうステージイベントは初めてでしたけど、本当にすごくいい経験になりました!

――お芝居とはまた違う難しさもありそうですね! ところで、歌は得意?

古賀:はい!レッスンとしては、専門学校や養成所の授業でも歌ってました。今回は歌のオーディションもあって、自分で振り付けを考えて歌う審査だったんですけど、すごく緊張してしまって(笑)。でも合格出来て本当に良かったです。

――もともと声優を目指したきっかけは?

古賀:いちばん最初はNHKの「おかあさんといっしょ」とか人形劇を見るのが好きでした。小さいとき、お人形たちと仲良しになりたいって思ったのが、こういった道に進んだきっかけでした。それから、小中学生になってからはアニメが好きになってよく見てました。

――どんなアニメが好きでしたか?

古賀:「カードキャプターさくら」とか、「おジャ魔女どれみ」が好きでしたね。どの声もキャラクターに合っていて声優さんって凄い!と思いました。声だけでキャラクターに命を吹き込むというのが、大変そうだけどおもしろそうで、私もやってみたいなって思いました。

――こんな役が演じてみたい、という目標はある?

古賀:「スマイルプリキュア!」の星空みゆきちゃんのような、明るくて、一生懸命みんなを引っ張っていく女の子役を演じてみたいです。元気で明るいけど、ちょっとドジな役とか演じてみたいですね。

古賀葵

――普段、趣味はありますか?

古賀:古い町並みを見るのが好きなので、休みの日に遊びに行ったりします。この前は鎌倉に行って来ました。佐賀にも佐賀歴史民俗館っていう、歴史的な景観が残っている場所があって、よく行っていました。お父さんもそういうのが好きなので、その影響もあって好きになったんだと思います。

――事務所のプロフィールに書いてある「ドラム演奏」という特技が意外でした!

古賀:いつもドラムが得意って言うと、みんなに「え〜っ!」って驚かれます(笑)。中学生のとき、部活はソフトボール部だったんですけど、個人的にドラムを習い始めて。高校生になって軽音部があることを知って入部しました。

――ドラム関連のオファーが来たら、いつでもOKですね(笑)。

古賀:大丈夫です!(笑)

――よく聴く音楽はどんな感じ?

古賀:けっこう幅広く聴きます。ずっと聴いてるのはYUIさんとか阿部真央さんです。最近はサザンオールスターズとかB’zを聴いてます。B’zを好きな知り合いがいてその人の影響で。アルバムとか借りて聴いています。

――カラオケにも行きますか?

古賀:よく一人で行っています!(笑) 伊藤かな恵さんが好きなので、「つまさきだち」とか「オーロラ」とか、「ONE PIECE」のオープニングとかエンディングとか。HYも好きで、カラオケに行ったら絶対に歌うレパートリーのひとつですね。「Song for…」とか。B’zの「イチブトゼンブ」や「BANZAI」も好きです。

古賀葵

――他に休日はどのように過ごされていますか?

古賀:そうですね。出かけないときは、お家でお芝居の勉強していることが多いです。専門学校に通っていたときにやった役の台詞をあらためて練習したりとか、自分でシチュエーションを考えて台詞を作ったりします。

――次に、好きな食べ物を3つ挙げるとしたら?

古賀:卵とトマトケチャップと、その2つを組み合わせたオムライス!オムライスが大好きなんです(笑)。

――想定外の答えです(笑)。

古賀:似たような感じですけど、その3つがあれば(笑)。自分でも作りますし、お店にも食べに行きますし、誰かに作ってもらうのも好きです。真ん中で卵を開く半熟トロトロオムライスも好きですけど、いちばん好きなのは、お母さんが作ってくれるような昔ながらのオムライス。自分で作るときはケチャップで絵を描きます!

――どんな絵を?

古賀:友達と一緒に作るときは、私が絵の担当なので、その子の顔を描いたりします。一つ目にパッチリおめめ、二つ目にウィンクしてる絵とか。

――オムライス声優に認定したいです(笑)。

古賀:ぜひ!(笑)

――では最後の質問ですが、これから声優として挑戦したいことは?

古賀:もっともっと色々な作品に出たいです!主人公キャラもやってみたいです。その流れで歌も歌ってみたいですし、ラジオでおしゃべりも頑張ってみたいです。イベントで自分のことを知ってもらう機会もあったらいいなと思います。

古賀葵

――ここまで記事を読んでくれた読者にメッセージをお願いします!

古賀:私はまだまだ新人ですが、オーディションやお仕事の機会をいただいたときに次に繋がっていくように人とのつながりを大切に頑張っていくのが目標です。それから、キャラクターが作品のなかで本当に生きているような役づくりを目指して頑張っていきますので、よろしくお願いします!

【声優図鑑】古賀葵さんのコメント動画【ダ・ヴィンチニュース】

――ありがとうございました!

次回の「声優図鑑」をお楽しみに!

古賀葵

古賀葵(81produce)

古賀葵Twitter

◆撮影協力
magic tone studio(マジックトーンスタジオ)

取材・文=麻布たぬ、撮影=山本哲也、制作・キャスティング=吉村尚紀「オブジェクト