定番曲は生まれにくい? 中国のアニソン事情

アニメ部

2015/9/24

 中国オタク事情を連載している百元です。第15回は中国のオタク界隈において人気となっているアニソンなどの歌の事情に関して紹介させていただきます。

 アニソンやボーカロイド曲などのオタク関係の歌は、中国でも日頃のオタク的な生活や商業、同人問わずイベントなどで欠かせないものとなっていますし、いわゆる「歌ってみた」的な動画サイト上における活動でも重要なものとなっています。
 これらの歌は基本的に日本語の原曲そのままで聴いたり歌ったりされているようですが、アニソンの中には中国語版が存在するものもありますし、最近の歌でもファンを中心に歌詞を中国語にして楽しんでいるケースもあるようです。

 しかし人気曲やその流行り廃りに関しては日本と異なる中国独自の事情も存在します。特に人気に関する違いはアニメや漫画などの作品人気と比べて更に大きく、日本寄りの感覚による選曲で展開された商業系、文化系のイベントにおいてファンの反応が微妙なものになってしまった……というケースも珍しくありません。


■日本との人気の違い

 中国における日本のアニメ作品の人気の傾向に関しては、情報の量や入る作品の数が増えたことにより日本との違いが昔よりも縮小していますが、アニソンの人気や広がりに関しては情報の量や作品が増えたこと、そしてその入れ替わりが速いことにより逆に違いが拡大しているような所も見受けられます。

 こういった人気の違いに関して、大まかな所では
・日本の定番の人気作品の有名な主題歌が現地で広い範囲に知られているとは限らない
・世代を超えた定番のアニソン、オタクソングというのが少ない
・世代ごとにオタク的な環境の違いが大きく、世代が変わると「定番的に知っている曲」「反応できる曲」が大きく変わる

といったものがあります。

 過去にはテレビなどの正規ルートから海賊版、違法アップロード経由といったものまで様々なルートを通じて、大量の日本のアニメ作品が中国に入っていきました。
 しかし場所や時期によって接する作品やその期間が一定せず、作品自体の人気はともかく主題歌に関してはテレビで繰り返し放映された一部の作品を除いてなかなか「人気曲」が定着しなかったようです。

 また近年は日本のアニメ作品の入れ替わりが激しくなっていることから、動画サイトの配信による正規の作品展開が行われるようになっていてもアニメのOPやEDで流れている歌が現地で広まる前に次の作品や歌が入ってくるような状況になっており、定番的な人気曲というのがアニメ経由ではなかなか生まれなくなってきています。


■定番のアニソンジャンルが通じないことの難しさ

 次に「定番」に関してですが、日本では盛り上がるアニソンであっても、現在の中国のオタク界隈ではイマイチ盛り上がらないということも珍しくありません。

 中国では多くの人が同じ曲を定期的に、長期間接することがあまり無いままオタクの世代が次々と変わっていった上に、日本のオタク界隈では定番となっている作品やジャンルが中国ではあまり広まっていないケースも多く、例えばロボアニメ系の作品や特撮関連の歌などは厳しい所もあるとされています。

 もちろん中国にも日本のロボアニメ系のアニソンや特撮ソングのファンはいますし、特に「スーパーロボット大戦」系の歌が大好きな人達は少なくありません。ファンや、守備範囲にしている人間がいないわけではありません。

 しかし一般的なレベルのオタク同士が集まった時に盛り上がれるか、イベントで観客全体が盛り上がれるか、最近の若い世代をターゲットにした場合の集客は……といった話になるとかなり難しいことになってしまうそうです。


■人気の形成とオタク系の歌に接する場所

 中国のオタク界隈における人気曲の出現や広まりについては、現在の中国のオタクな人達が曲に接する場所、聴いて盛り上がる場所がほぼネット上、特に動画サイト中心になっているということが大きな影響を及ぼしています。

 一昔前はテレビで放映されるアニメや現地の雑誌の付録についているテープ、CDといったものがアニソンに接する主なルートとなっていましたが、近年はほぼネット経由となっている模様です。また日本のようにテレビのCMや、店舗で流れる曲を聴くという機会もありませんからネットの影響が極めて大きくなっています。

 現在の中国のオタク界隈ではネットで話題になる、ネタになるような曲が人気になって広まり、作品人気の大きな原動力となることもありますね。

 例えば中国でボーカロイドやボーカロイド曲が人気になり中国のオタクの定番的存在になったのは、ネット上で歌を中心に盛り上がれる、キャラに関する認識を深められる、世界観を共有できるといった強みがあったというのも大きな理由ですし、最近の「ラブライブ!」の人気に関してもやはりこういった面が見受けられます。


■中国のオタクの心のアニソンは?

 ここまで中国ではアニソンの定番曲が生まれるのが難しいといったことを書いてきましたが、もちろんそういった曲が無いわけではありません。

 例えば「デジモンアドベンチャー」の「Butter-Fly」などは現在の中国のオタクの間で非常に有名で、誰もが盛り上がれる曲となっています。

「デジモンアドベンチャー」は中国のテレビでも放映され、現在も中国のオタクの間では思い出のアニメとされていますし、新作の話題に関しても一喜一憂されています。この曲はいまだに中国のオタクの間では定番中の定番となっていますし、世代を超えて確実に盛り上がる曲となっていますね。

文=百元籠羊