「小牧未侑」声優インタビュー&撮り下ろしグラビア【声優図鑑】

アニメ部

2015/10/22

小牧未侑

編集部が注目する声優に、声優を目指したきっかけや、初めてのお仕事、そしてプライベートなことまで、気になるあれこれについてインタビューを行い、さらに撮り下ろしのグラビアも交えて紹介する人気企画「声優図鑑」。

第90回となる今回は、TVアニメ「あにトレ!EX」早乙女静乃役などを演じる小牧未侑(こまき・みゆ)さんです。

――撮影はどうでしたか?

小牧:写真を撮られることがあまりないので、最初はぎこちなかったと思います。どどどどどどーしたらいいんだ! みたいな感じで(笑)。でもスタッフさんが「足はこうしたほうがキレイ」など親切にアドバイスしてくださって、人の温かみに触れられて嬉しかったです(笑)。

――ふだんも明るめの私服が多いんですか?

小牧:春夏は一貫して真っ白! 秋冬になってくると全身黒! という私服です(笑)。今日も、秋の雰囲気が出ればいいな、と黒い服を用意していたのですが、雨が降っていて暗くなってしまうので、別パターンとして持ってきた白いワンピースにしてみました。赤いカーディガンは、私が白い服ばかり買うので、店員さんが「色物もあったほうがいいんじゃないですか」とオススメしていただいた服です(笑)。

小牧未侑

――現在放送中のテレビアニメ「あにトレ!EX ラジオ燃焼系」で演じている早乙女静乃役は、どんなキャラクターですか?

小牧:静乃ちゃんってお嬢様なんです。実はこのオーディションを受ける前に、お嬢様学校を舞台にした作品の現場があって、お嬢様の役を演じる機会が多く、自分なりにお嬢様を研究していたんです。そんな中で静乃ちゃんと出逢い、「お嬢様なんだ! 絶対にやりたい!」って思ったんです。静乃ちゃんの台詞や表情が優しくておっとりした雰囲気だったので、優しい気持ちで演じました。

――今後の放送で楽しみにしてほしいことは?

小牧:5分アニメなので観やすいと思いますし、筋トレの方法をキャラクターがお手本としてで、一緒に運動できるのが魅力ですね。キャラクター自身も一生懸命トレーニングしてて、「頑張れ!あと少し!」とか声をかけてくれるので、運動が苦手な方にもすごくいいと思います。トレーニングウェアにも注目してほしいですね。静乃ちゃんはナイスバディなので、けっこういいショットがあると思いますよ(笑)。

――公式ホームページで「静乃ちゃんはめちゃくちゃタイプ」とコメントされていましたが、その真意は…?

小牧:ロングヘア、ナイスバディ、おっとりの3つが揃ったキャラクターが大好きなんですよ! 例えば、「らんま1/2」のかすみお姉ちゃんとか。癒し系、ほわほわ~とした雰囲気のキャラクターについつい目がいってしまいますね(笑)。

――そういうことでしたか(笑)。アニメでは女性キャラクターに注目するほう?

小牧:そうですね! お芝居の勉強にもなりますし、ハーレム作品や学園モノなどコメディタッチの作品が好きですね。あ、でも、「テニスの王子様」もすごく大好きです(笑)。以前「うもラジ ~ゆきみゆsayYou☆Factory~ 埋もれてたまるか!!」というラジオに出演していた時、「跡部景吾 聖誕祭」という企画をしたこともありました。完全に番組を私物化してしまいました(笑)。

小牧未侑

――声優を目指したきっかけは?

小牧:最初のきっかけは海外ドラマでした。「フルハウス」とか「サブリナ」などのコメディ系をよく観ていたんですけど、中でも石塚理恵さんが演じるサブリナが大好きだったので。あと、「テニスの王子様」を観るようになってからは、私も女の子にキャーキャー言われたい! って思っていました(笑)。いつか、女の子にキャーキャー言われるようなかっこいい男の子を演じたいですね!

――「テニスの王子様」を見始めたきっかけは?

小牧:小学生の時にテニススクールに通っていて、友達がテニスの漫画があるよって教えてくれたのが「テニスの王子様」を知ったきっかけです。それまで少女漫画しか読んだことがなかったので、新鮮な思いで漫画を読んだ記憶があります(笑)。それから、アニメを観るようになりました。今でも一途にずっと好きなんです! 他のスポーツ系アニメも素敵だなと思いますけど、やっぱり「テニスの王子様」が一番かな(笑)。

――好きなキャラクターも浮気せずに?

小牧:氷帝学園の忍足侑士くんがずっと好きです! 跡部様も同じ学校なので、もちろん大好きですけど、やっぱり何があっても忍足くんが一番(笑)。

――他に観ていたアニメは?

小牧:ケーブルテレビでキッズステーションやカートゥーンネットワークなど、アニメ専用チャンネルを見れたこともあって、「めぞん一刻」「うる星やつら」「らんま1/2」という高橋留美子さんシリーズはよく観ていました。衝撃的だったのは「涼宮ハルヒの憂鬱」。あの話って、ハルヒが願った通りの世界になるじゃないですか。だから話の順番がめちゃくちゃになってもストーリーが繋がってる。そのことに衝撃を受けてアニメってすごいなって! わたしも作り手側になりたいと強く思わせてくれた作品です。

――声優として初めての仕事は覚えてますか?

小牧:事務所に入ってすぐに、ゲームのアプリのお仕事をいただきました。それまで養成所に通いながらラジオCMナレーションのお仕事もしていたのですが、キャラクターを演じるのは初めてで、右も左もわからなかったんです。だけど、ディレクターさんが「いいよいいよ。大丈夫。自信持って!」とおっしゃってくださったのを今でもしっかり覚えています。しかも、その方がずっと私のことを覚えていてくださって、3〜4年後に別作品で現場に呼んでくださったんですよ! それが「メイデンクラフト」(匙川真実役)なんですが、本当に感動しました。

小牧未侑

――SecretGardenというユニットとして音楽活動もされていますね!

小牧: South to North Recordsというレコード会社に所属していた時に結成しました。「君がすべて」というシングルでデビューさせていただき、今年で結成して5年目になります。先日、相方だったNaoちゃんは卒業しましたが、2人で作り上げたSecretGardenというユニットや音楽は残したかったので1人でSecretGardenを続けていくことにしました。形は違っても、2人とも音楽を続けることに変わりはありませんので、NaoとSecretGardenを応援していただけるとうれしいです!

――よく聴くアーティストは?

小牧:メロキュアさんがすごく好きで、この前ワンマンライブに行ってきました。すっごく楽しかったです! 岡崎律子さんが亡くなって以来、もうライブはないと思っていたら、5年の歳月を経てライブをやります! という情報をmeg rock(メロキュアでは日向めぐみ)さんのツイッターで知って、かなり胸がアツくなりました。ちゃんと岡崎さんの歌声も流れて、岡崎さんのスポットライトも当たっていて、本当にメロキュアのライブだなって。最後に日向さんが「メロキュアの岡崎律子と日向めぐみでした」と仰った時、そこに確かにりっちゃんがいるなと感じて、とても感動しました。

――メロキュアで特に好きな曲は?

小牧:「虹を見た」や「ホーム&アウェイ」はカラオケでよく歌います。メロキュアが好きな高校時代からの友達がいて、よく2人でメロキュアごっこをしてます。8時間くらい歌って「今日も私たちのライブに来てくれてありがと〜!」とか「アリーナ、盛り上がってる~?」とか叫んで。カラオケなので2人しかいないんですよ(笑)。でも、楽しかったね~って1回終わった後は、じゃ2周目やろうかってまた始めるんです(笑)。

――休みの日は何してますか?

小牧:基本的に寝てますね(笑)。時間があったらテニスの壁打ちをします。今住んでいるところの壁がいい壁なんですよ。朝ポーンポーンってテニス部らしき学生が壁打ちをしているのを見て、「あ、やっていいんだ」と思って(笑)。その子の隣で「すみません」って言いながら並んで壁打ちをして、その子がやめたら私もやめるという。平和な一日を過ごしています(笑)。

――(笑)。好きな食べ物は?

小牧:グレープフルーツが大好きです! ほかにもミカンとかボンタンみたいな柑橘系は好き。だけどパイナップルとか南国系のフルーツはちょっと苦手で。チーズも好きです! でもチーズケーキは食べられません(笑)。

小牧未侑

――これからどんな声優になりたいですか?

小牧:坂本真綾さんのように、声優さんとして活躍しながらも、第一線でアーティストとして歌をうたえる存在になりたいです。吹き替えをするのは小さい頃からの夢ですし、アニメもやりたいです!どれか一つに絞るのではなく、どれも全力で頑張る!私はやりたいことが多いのかもしれませんね。

――自分の気持ちに素直でいたい…という気持ちが伝わってきます。では最後に、読者へのメッセージをお願いします!

小牧:このページをクリックしてくださり、ありがとうございます!これから、みなさんに興味を持ってもらえるように頑張っていきたいと思いますので、ぜひ温かい目で、温かい目で(大事なことなので2回言いましたが)応援していただけると嬉しいです!

【声優図鑑】小牧未侑さんのコメント動画【ダ・ヴィンチニュース】

――ありがとうございました!

次回の「声優図鑑」をお楽しみに!

小牧未侑

小牧未侑(ACROSS ENTERTAINMENT)

小牧未侑 Twitter

◆撮影協力
magic tone studio(マジックトーンスタジオ)

取材・文=麻布たぬ、撮影=山本哲也、制作・キャスティング=吉村尚紀「オブジェクト